神経眼科

[No.1342] 急性黄斑神経網膜症とCOVID-19:

清澤のコメント:Academy Express – Asia Pacific Editionで取り上げられている話題です。(https://www.aao.org/eyenet/article/acute-macular-neuropathy-and-covid-19?january-2023)

急性黄斑神経網膜症とCOVID-19
Acute macular neuroretinopathy and COVID-19
これまでに発表された最大の症例シリーズの結果は、COVID-19 と急性黄斑神経網膜症 (AMN) との関連性を示唆しています。 研究者は 15 人の患者の 25 の目を調べましたが、その全員が傍中心暗点を持っていました。 多くは若く(平均年齢 = 24 歳)、80% が女性でした。 67% が両側性疾患を患っており、27% は頭痛も示していました。 1 人を除く全員が、AMN 症状の発症から 2 日以内に COVID-19 の症状を示しました。

   ーーーーーーー

PDFをダウンロード

急性黄斑神経網膜症 (AMN) は、若くて健康な女性に最もよく見られる、ほとんど理解されていないまれな網膜疾患です。現在、これまでで最大の症例シリーズの調査結果に基づいて、研究者は AMN と COVID-19 との関連の可能性を報告しています。1

2 つのプロセス間の関係は理論的なままですが、どちらも微小血栓と関連しており、呼吸器疾患またはインフルエンザ様疾患が先行しています。AMN との確立された関連には、経口避妊薬の使用、先行する外傷、エピネフリンとプソイドエフェドリンの注射、および妊娠誘発性高血圧が含まれます。

「AMNはCOVID感染の後遺症であるとは確認されていませんが、特定の個人にある可能性があると考えています。そのため、これらのデータを公開することが重要であると感じました」と、メリーランド州Chevy Chaseで開業しているBrian K. Do、MDは述べました. 。

COVID-19 患者の急性黄斑神経網膜症。

COVIDの後遺症?COVID-19 感染に関連する急性黄斑神経網膜症患者の中心窩周囲の大きな病変を示す近赤外画像。

回顧ケースシリーズ。この調査結果は、2020 年 11 月から 2022 年 6 月までに 8 つの紹介センターで見られた 15 人の患者の 25 眼のデータに基づいています。全員が、症候性 COVID-19 感染症と AMN を併発しており、1 つ以上の画像診断法によって診断されました。

患者の平均年齢は 24 歳で、ほとんど (80%) が女性でした。全員が傍中心暗点を持っていました。10 人 (67%) は両側性疾患で、4 人 (27%) は頭痛も示していました。1 人を除く全員 (93%) が、AMN の症状の発症から 2 日以内に COVID-19 の症状を示しました。平均して、彼らの眼の症状は、COVID-19 の症状が出始めてから 1 日後に始まりました。

視力VAの減少を示した患者は2人だけでした。1 人は経口避妊薬を服用していた 19 歳の女性でした。彼女が SARS-CoV-2 の陽性反応を示してから 2 週間後、彼女は右目に 20/125、左目に 20/450 の中心暗点と 視力VA を示しました。彼女は経口避妊薬の服用をやめ、プレドニゾンで管理されました。1 週間以内に、彼女の視力は両眼で 20/25 になりました。2 番目の症例は、両眼の VA が 20/125 の 11 歳の少女でした。彼女は同時に汎ぶどう膜炎と診断されており、これが視力低下の主な原因であると研究者は考えています。

以前のデータに基づいています。このレポートには以前の一連の症例からのデータが含まれているため、これまでで最大の症例の編集が作成され、29 人の患者で 43 の眼が作成されました。以前の報告では、両側性イベントがはるかに少なく、女性患者も少なかった。さらに、一部の症例は COVID-19 感染から数か月後に記録されました。それにもかかわらず、異なるシリーズの発生率に大きな差はなかった、と Do 博士は述べた。「重要なのは、両眼の関与の割合が比較的高く、これらの問題は誰にでも発生する可能性があるということです。」

偶然以上?この報告には少数の症例しか含まれていませんが、著者らは、眼症状の発症とCOVID診断の間の短い時間枠によって関連性が強化されていると指摘しました.

彼らは、AMN の希少性のため、COVID パンデミック中にその発生率が本当に増加したかどうかを評価することは困難であることを認めました。しかし、彼らは、AMN 診断が 2019 年の訪問 100,000 回あたり 0.66 から 2020 年には 100,000 回あたり 8.97 に増加したことを発見した以前の後ろ向き研究を引用しました.

Do 博士は、最新の研究は COVID-19 と AMN の因果関係を示唆していないことを強調しました。しかし、彼は、COVID-19の症状と視覚症状の発症と関連する網膜画像所見との間の時間的関係は、AMNが「単なる偶然以上のものである可能性がある」ことを示唆していると述べた.

—ミリアム・カーメル

____________________________

1 ディン RH ら。眼科網膜。2022 年 10 月 7 日オンライン公開。

2 アザー G ら。J Clin Med. 2021;10(21):5038.

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。