コンタクトレンズ・眼鏡処方

[No.318] 結膜下出血(白眼の血管の破れ)の診断と治療

清澤のコメント:

コンタクトレンズ使用中の患者さんので強い限局性の結膜下出血を片眼に示す女性の患者さんを見ました。結膜下出血は、しばしば見かける症状ですが、今回は出血量の多さを反映して出血した結膜の部分に多少の浮腫と隆起がある事が特徴的でした。角膜の周辺部にやや深みのある潰瘍があり、昨日の角膜写真よりは回復していました。コンタクトレンズ脱着時の爪による外傷でしょうか?本人は昨日処方された抗生剤の軟膏で痛みが軽減したと答えました。順調に吸収中と見ましたので、来週まで温罨法を施すことをお勧めしました。以前抗止血剤(ワルファリン)を使わている人でも、強い結膜下出血を見たことが有りました。(メイヨ―クリニック:参考ページ

   ーーーーーーーーーーー

結膜下出血(目の血管の破れ)

概要

結膜下出血は、目の透明な表面(結膜)のすぐ下で小さな血管が壊れたときに発生します。多くの点で、それはあなたの肌に打撲傷を負っているようなものです。結膜は血液をすぐに吸収できないため、血液が閉じ込められます。鏡を見て、目の白い部分が真っ赤になっていることに気付くまで、結膜下出血に気付かないかもしれません。

結膜下出血は、目に明らかな害を及ぼすことなく発生することがよくあります。強いくしゃみや咳でも、目の血管が壊れることがあります。あなたはそれに手を下す必要はありません。結膜下出血は憂慮すべきように見えるかもしれませんが、それは通常、2週間かそこら以内に消える無害な状態です。

症状

結膜下出血の最も明白な兆候は、目の白(強膜)にある真っ赤な斑点です。その血まみれの外観にもかかわらず、結膜下出血はそれよりもひどく見え、視力、分泌物、または痛みに変化を引き起こさないはずです。あなたの唯一の不快感は、目の表面の引っかき傷の感覚かもしれません。

いつ医者に診てもらうか

結膜下出血やその他の出血が再発する場合は、医師に相談してください。

原因

結膜下出血の原因は必ずしもわかっているわけではありません。次の行動はあなたの目に小さな血管を破裂させるかもしれません:

  • 激しい咳
  • 強力なくしゃみ
  • 緊張
  • 嘔吐

場合によっては、結膜下出血は、以下を含む眼の損傷から生じる可能性があります。

  • 目をこすること
  • 目を傷つける異物などの外傷

危険因子

結膜下出血の危険因子は次のとおりです。

  • 糖尿病
  • 高血圧(高血圧)
  • ワルファリン(クマディン、ヤントーベン)やアスピリンなどの特定の抗凝血薬
  • 血液凝固障害

合併症

結膜下出血による健康上の合併症はまれです。あなたの状態が外傷によるものである場合、あなたの医者はあなたが他の目の合併症や怪我をしていないことを確認するためにあなたの目を評価するかもしれません。

防止

目の表面の出血に、出血性疾患や抗凝血薬などの明確に特定できる原因がある場合は、結膜下出血のリスクを減らすための措置を講じることができるかどうか医師に相談してください。

目をこする必要がある場合は、そっとこすってください。強くこすりすぎると、目に軽度の外傷を引き起こし、結膜下出血を引き起こす可能性があります。

診断

あなたの眼科医は一般的にあなたの目を見て結膜下出血を診断します。他のテストはおそらく必要ありません。

結膜下出血が再発する場合は、医師が次のことも行う可能性があります。

  • あなたの一般的な健康と症状についての質問
  • 目の検査を行う
  • あなたの血圧を測りなさい
  • 定期的な血液検査を受けて、深刻な出血性疾患の可能性がないことを確認してください

処理

人工涙液などの点眼薬を使用して、発生している可能性のある引っかき傷を和らげることができます。それを超えると、血液は約1〜2週間以内に吸収され、治療は必要ありません。

予約の準備

あなたはかかりつけ医に診てもらうことから始めるでしょう。場合によっては、予約を設定するために電話をかけると、すぐに眼科医(眼科医)に紹介されることがあります。

ここにあなたがあなたの約束の準備をするのを助けるためにいくつかの情報があります。

あなたにできること

  • 予定を立てた理由とは関係がないと思われる症状を含め、発生している症状をすべて挙げてください。
  • 主要なストレスや最近の人生の変化など、重要な個人情報を一覧表示します。
  • 服用しているすべての薬、ビタミン、サプリメントを、服用量を含めてリストしてください。
  • 医師に尋ねる質問をリストしてください。

質問のリストを準備すると、医師との時間を最大限に活用するのに役立つ場合があります。結膜下出血の場合、医師に尋ねる基本的な質問は次のとおりです。

  • この問題の原因は何ですか?
  • それはまた起こりますか?
  • テストは必要ですか?
  • この状態の治療法はありますか?
  • 従う必要のある制限はありますか?
  • 専門家に紹介する必要がありますか?
  • 持ち帰りできるパンフレットなどの印刷物はありますか?この問題に関連するWebサイトにアクセスすることをお勧めしますか?

あなたの任命の間にあなたに起こる質問もすることを躊躇しないでください。

あなたの医者に何を期待するか

あなたの医者はあなたに次のような多くの質問をする可能性があります:

  • 問題に最初に気付いたのはいつですか。
  • これに関連する症状はありますか?
  •  ーーーーー旧テキストですーーーーー
  • 11979:結膜下出血とは hyposphagma

  • 11979:結膜下出血とは hyposphagma

    清澤のコメント:しばしば患者さんがびっくりして来院する原因である結膜下出血をおさらいしてみましょう。以前の解説ページにもリンクしておきます。(2020.6.17 加筆)

    結膜下出血 ( hyposphagma  ’bloodshot eye’ )は、眼の白目のあたりに現れるくっきりした出血を示す 眼科用語です 。 結膜下出血は急性に目が真っ赤になった状態として印象づけられ、隣接する角膜には関与せず、 テノン膜と結膜の間の空間に血が貯まります。 出血自体は一般的に無痛であり、視力低下はきたしません。

    結膜下出血は、一般にはほぼ問題ない物ですが、稀に深刻な病気の症状である可能性もあります。 出血の原因として考えられるのは

    • 激しいくしゃみや咳、例えば 百日咳など
    • 物を持ち上げる、押す、分娩、嘔吐、または胸腔内圧をあげる力みなど運動による静脈圧の上昇。たとえば、うつ血症候群による静脈圧の増加。 法医学的レベルの窒息など。
    • 重度の高血圧 ( 動脈性高血圧 )および血管疾患( 動脈硬化 )
    • 出血傾向の増加、例えば 血液凝固性亢進または薬による凝固阻害
    • 目または頭部の外傷
    • 屈折異常を矯正するための眼科手術( レーシックなど )
    • ウイルスによる急性感染性結膜炎( 急性出血性結膜炎 )
    • レプトスピラ症などの出血症状を伴う感染症

    鑑別診断は、結膜下出血と結膜炎を区別することです。 付随する怪我や異物がない場合は、結膜下出血の治療は必要ありません。入浴時に温湿布で温めると約10〜14日後に出血跡は減少し、再吸収されるためです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。