糖尿病網膜症・加齢黄斑変性・網膜疾患

[No.1320] 網膜片頭痛 retinal migraineとは

網膜片頭痛らしき患者さんを拝見しました。https://www.nidirect.gov.uk/ を参考に説明しましょう。

  ーーーーーーーーー

網膜片頭痛

網膜片頭痛について

頻度はさまざまですが、数か月ごとに網膜片頭痛になる人もいます。

網膜片頭痛は片頭痛とは別の状態です。 通常、両眼の視力に影響を与える頭痛型片頭痛または前兆のある片頭痛(閃輝暗点)と混同しないでください 。

網膜片頭痛の症状

網膜片頭痛の症状には、次のようなものがあります。

  • 片目の部分的または完全な視力喪失 – 視力が徐々に回復するまで、通常は 10 ~ 20 分続きます。
  • 頭痛 – これは、視力発作の前、最中、または後に発生する可能性があります

視力喪失のエピソードが 1 時間以上続くことはめったにありません。ほとんどの場合、毎回同じ眼が侵されます。

視界が徐々にぼやけたりぼやけたり、閃光が走ったりすることがあります。一部の人々は、空白の斑点(暗点)のモザイクのようなパターンを見て、それが拡大して完全な視力喪失を引き起こします.

突然の視力喪失があり、以前にこれらの症状を引き起こす眼の状態と診断されていない場合は、すぐに救急部門に行ってください。

いつ医師の診察を受けるか

視力が突然低下した場合は、眼の異常や眼疾患の徴候を認識する訓練を受けた眼鏡技師 (検眼医)、かかりつけ医に診てもらう か、時間外サービスにかかりつけ医に連絡してください

視力が突然悪化した場合、特に初めての場合は、早急に検眼医または医師の診察を受けることが重要です。

医師が除外したいと考える視力喪失のより深刻な原因は他にもあります。

網膜片頭痛の診断

発作中に一般開業医または検眼医に会うことができれば、検眼鏡と呼ばれる器具を使用して、眼への血流の減少を確認できる場合があります。

この場合、一般開業医または検眼医は、網膜片頭痛の信頼できる診断を下すことができる場合があります。

発作は通常短時間であるため、症状の説明に基づいて診断される可能性が高くなります。

他のより深刻な眼疾患や脳卒中を除外するための検査のために、眼科医に紹介される場合があります。

網膜片頭痛の原因

網膜片頭痛は、眼の血管が突然狭くなり(収縮し)、眼への血流が減少することによって引き起こされます。

それは以下によって引き起こされる可能性があります:

  • ストレス
  • 喫煙
  • 高血圧 
  • ホルモン避妊薬
  • エクササイズ
  • 体を曲げること
  • 高地にいる事(低酸素)
  • 脱水
  • 低血糖

その後、血管が弛緩し、血流が再開し、視力が回復します。通常、眼内に異常はなく、眼への永久的な損傷はまれです。

網膜片頭痛は、次の場合により一般的になる傾向があります。

  • 女性
  • 40歳未満の方
  • 片頭痛 またはその他の頭痛の個人的または家族歴がある人 
  • ループスアテローム性動脈硬化症(動脈硬化)、 鎌状赤血球症(鎌状赤血球貧血)、 てんかん、 抗リン脂質症候群などの基礎疾患のある人 、および 巨細胞性動脈炎 (清澤注:これらはまれな疾患ですから、一度や2度の発作では採血まではしなくてよいでしょう)

網膜片頭痛の治療

網膜片頭痛の治療は、通常、頭痛の鎮痛剤を服用し、網膜片頭痛を引き起こしている可能性のあるものへの曝露を減らすだけです.

医師は、片頭痛の頻度を減らすために予防薬を処方することがあります。医師は、あなたの症状を治療する最善の方法について話し合います。

網膜片頭痛を治療する最善の方法はありません。あなたの医師は、あなたにとって何が最も効果的かを確認するために、いくつかの異なる薬を試す必要があるかもしれません.

網膜片頭痛の合併症の可能性

血流が減少すると、目の奥の薄い層 (網膜) と目の血管が損傷する可能性があります。(清澤注:わずかな斑状出血blot hemorrhageはこれかもしれません。)

これは、フォローアップの予定で監視されます。永久的な視力喪失はまれです。

   ーーーーーー

図は:https://www.healthdigest.com/759040/this-is-what-really-causes-ocular-migraines/ から借用

   ーーーーーーー

網膜片頭痛を纏めると:

  • 網膜片頭痛は、単眼視に一時的に影響を与えるまれな現象です。
  • 症状の持続時間は平均で 5 ~ 20 分です。
  • 片頭痛の予後は良好です。
  • 通常、頭痛の頻度と強度は減少してゆきます。
  • 網膜、脈絡膜、または視神経の低酸素状態が長期間続くと、永久的な視覚障害が発生する可能性があります。
  •   ーーーーーーーー

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。