結膜炎・花粉症・ものもらい (結膜疾患)

[No.903] フリクテン性角結膜炎とは:eyewikiを参考に

フリクテン性角結膜炎をeyewikiの記載を参考に説明します

Ansuya Deosaran MD ,  ほか:審査:コリーン・ハーフペニー医学博士、2022 年 9 月 5 日 、メリーランド州コリーン・ハーフペニー著 。

フリクテン性角結膜炎

ブドウ球菌性フリクテン性角結膜炎。© 2017 アメリカ眼科学会

疾患

Phlyctenular keratoconjunctivitisフリクテン性結膜炎 は、外来抗原に対する過敏反応から生じる角膜または結膜の結節性炎症です。1950 年代以前は、結核の有病率が高いため、ツベルクリン蛋白に対する過敏反応の結果として、しばしばフリクテン性角結膜炎が発生していました。公衆衛生への取り組みの改善と結核の発生率の低下に続いて、水疱性角結膜炎が減少し、その後の患者でツベルクリン検査が陰性であることが判明しました。現在、米国では、黄色ブドウ球菌の微生物タンパク質が、フリクテン性角結膜炎の最も一般的な原因抗原です。 黄色ブドウ球菌曝露の危険因子には、慢性眼瞼炎および化膿性角膜炎が含まれます

一般的な病態生理学

フリクテン性角結膜炎は、宿主が以前に感作された感染性抗原への再曝露に続いて、角膜または結膜でのアレルギー性過敏反応に続発して発生すると仮定されています。黄色ブドウ球菌および結核菌の抗原が最も一般的に関連しています。しかし、単純ヘルペス、クラミジア、ストレプトコッカス・ビリディアン、ドロシグラヌラム・ピグラム、ヒメノレピス・ナナを含む腸内寄生虫も原因物質として報告されています。

フリクテン性角結膜炎は、同様の基礎となる IV 型過敏症の起源を持つ可能性のある皮膚の状態である眼性酒さと関連している可能性があります。

臨床症状と診断

フリクテン性結膜炎の臨床症状は、病変の位置と根底にある病因に依存します。結膜の病変は、軽度から中等度の眼の刺激を引き起こすだけですが、角膜の病変は通常、より激しい痛みと羞明を引き起こす可能性があります.  フリクテンは、結膜のどこにでも発生する可能性がありますが、眼瞼間裂でより一般的であり、輪部領域に沿って頻繁に認められます。それらは一般に、周囲の結膜血管の顕著な注入を伴うゼラチン状の結節性病変を呈します。

フリクテン性角結膜炎の診断は、病歴と臨床検査所見に基づいて行われます。結核またはクラミジアの可能性が疑われる場合、根底にある感染病因をさらに調査する必要があります。

合併症

Phlyctenular 結節は、潰瘍、瘢痕化、および軽度から中等度の視力喪失につながる可能性があります。まれではありますが、角膜穿孔の可能性もあります。

一般治療

フリクテン性結膜炎の治療の第一は、炎症反応を抑えることです。Phlyctenulosis は、一般的に局所ステロイド(フルメトロン)に反応します。ただし、眼圧上昇のリスクには注意が必要です。複数回再発した場合、またはステロイド依存性になった場合、局所シクロスポリン A は効果的な治療オプションです。クロスポリン A の使用は、白内障、高眼圧症、創傷治癒の低下などの長期ステロイド使用の後遺症を軽減する可能性があります。角膜潰瘍の場合は、抗生物質(クラビット、ガチフロ)の前治療または併用が推奨されます。治療を開始する前に角膜培養を考慮することもできます。

炎症反応の治療に加えて、炎症を誘発する抗原の供給源を減らすことが重要です。これには通常、関連する眼瞼炎または根底にある感染プロセスを治療する必要があります。眼瞼炎の場合は、温湿布と眼瞼スクラブによる眼瞼衛生を開始する必要があります。

結核やクラミジアなどの伝染病患者では、根底にある感染症に適切に対処し、適切に治療する必要があります。角膜穿孔のまれな例では、外科的治療が必要になる場合があります。

 ーーーーーーー

あまり詳しすぎる部分は割愛しました。詳しくはEyewiki phlyctenular keratoconjunctivitisの元ページをご覧ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。