緑内障

[No.877] 突発性の眼圧上昇では何を考え、どう処置せねばならないのか?

清澤のコメント:今までは眼圧も高くはなく、普通に通院していた患者さんがここ数日右目が重く、肩がこる、屈むと今までになく視界が曇ると訴えて来院しました。視力は正常ですが、右眼の眼圧は56mmHg, 左眼は17mmHg。角膜周囲の毛様充血はあるが、前房細胞増多なし。眼底にも明らかな変化は見られませんでした。

◎さて、この急性の高眼圧症。原因は何なのでしょうか?

高眼圧症の原因:眼圧の上昇は、緑内障の主な危険因子の 1 つであるため、高眼圧症の人にとって緑内障は重大な懸念事項です。眼圧が高いのは、眼球内の液体(房水)の産生と排出のバランスが崩れることによって起こります。通常は眼球内から液体を排出するチャネルが適切に機能し、眼圧は20mmHg以下程度に維持されます。眼内の液体が多すぎると、水風船と似た状況が存在します。水を入れすぎると水風船が破裂するように、眼球内の圧力が高すぎると目の視神経が損傷する可能性があります。角膜が非常に厚いが正常な角膜を持つ人々は、多くの場合、正常な高レベルまたはそれより少し高いレベルの眼圧を測定します。それらの圧力は実際には低く正常である可能性がありますが、角膜が厚いため、測定時には測定値が誤って高く測定されます。急性緑内障発作なら隅角が閉じているはず。周辺での前房深度は角膜の半分はあり、閉塞隅角緑内障らしくはない。

いわゆる閉塞隅角緑内障症以外とすれば、ステロイド点眼に対して高眼圧を示す体質の人において抗炎症目的でステロイドが使用され、異常に高い眼圧が測定される場合(ステロイドレスポンダーのステロイド緑内障)もあります。

また、高眼圧を伴う虹彩炎を時々起こすポスナー・シュロスマン症候群という疾患もあります。この場合、発作でないときには眼圧は正常ですし、多くの場合には視野も正常です。

慢性のブドウ膜炎(ないし虹彩炎)のある患者さんでは、ある日の受診時の眼圧が30mmHg以上と高く、緑内障性の変化が既に眼底や視野に表れているという事も有ります。この病態は慢性の虹彩炎なのに、しばしばポスナーシュロスマン症候群と間違って診断されていることがあります。

◎高眼圧症の鑑別診断で:https://emedicine.medscape.com/article/1207470-differentialを訳してみます

高眼圧症の鑑別診断として探してみてはどうでしょうか?

更新日: 2020 年 3 月 16 日  著者: Anne Chang-Godinich, MD, FACS; 編集長: Hampton Roy, ​​Sr, MD 
  • 診断上の考慮事項:診断または治療を行う前に、眼圧測定値を繰り返し測定し、視野検査、視神経検査、角膜厚測定結果と比較して検討する必要があります。

鑑別診断(まあこの文献では、矢鱈と沢山の鑑別を挙げてありますが、似た概念も見られます。青文字の単語には英語での解説がついています。)

  • Drug-Induced Glaucoma:薬剤性の緑内障

  • Acute Angle-Closure Glaucoma (AACG)急性閉塞隅角緑内障

  • Primary Angle-Closure Glaucoma:上と似ているが慢性のもの

  • Hyphema Glaucoma:前房出血による緑内障

  • Intraocular Tumors and Glaucoma:眼内腫瘍による緑内障

  • Lens-Particle Glaucoma:レンズの破片による緑内障(白内障手術後)

  • Neovascular Glaucoma:隅角に新生血管が出来て房水流出が止まる。糖尿病

  • Ocular ischemic syndrome:眼虚血で起きるが、新生血管かも

  • Peripheral anterior synechia:周辺虹彩癒着

  • Phacolytic Glaucoma:レンズが融解して隅角に詰まる

  • Phacomorphic Glaucoma

  • Pigmentary glaucoma:隅角線維柱帯に色素が詰まる。メラノサイト―マなどで。

  • Plateau iris glaucoma:虹彩が前によっていて、隅角が閉じる

  • Posner-Schlossman syndrome:ぶどう膜炎を伴い高眼圧の発作を時々示す

  • Primary open-angle glaucoma:通常の緑内障

  • Pseudoexfoliation glaucoma:レンズ表面に落屑状のものがたまっている。

  • Suspect glaucoma:緑内障疑い

  • Uveitic glaucoma:ぶどう膜炎に伴う緑内障

    ◎また別の問答を見れば:

    高眼圧 (IOP) の原因は何ですか?


    概要:

    • 房水は目の内部で生成される透明な水状の液体で、目をサポートし、角膜に栄養素を供給し、その他の生体力学的利点を提供します
    • この液体は時間の経過とともに自然に排出され、安定した眼圧を維持します
    • 房水が過剰に生成されたり、排出が妨げられたりすると、眼圧が上昇する可能性があります
    • 眼内の圧力は、眼圧 (IOP) と呼ばれます。眼圧が高いことを高眼圧症と呼ぶことがあります 
    • 高眼圧は緑内障の主な原因です

    高眼圧とは何ですか?

    高眼圧 (IOP) は、高眼圧症とも呼ばれ、緑内障の主要な危険因子です。眼圧は水銀柱ミリメートル (mm Hg) で測定されます。私たちが「正常」と表現する圧力の範囲は、10 ~ 21 mmHg の間です。緑内障はあらゆる眼圧範囲で存在する可能性があることを覚えておくことが重要です。圧力が「高い」人は神経損傷を発症しませんが、「正常」または「低い」圧力の人は進行性の神経損傷を発症します。 

    IOP は、眼圧計と呼ばれる器具で測定されます。IOP を測定するための最も正確な機器は、通常、細隙灯に取り付けられたプローブを含む接触式眼圧計です。このプローブは、局所麻酔薬の点滴で目を麻痺させた後、目の前にそっと接触して測定を行います。眼圧は、麻酔点眼薬を必要としないエアパフ眼圧計などの非接触機器でも測定できます。 

    高眼圧は無症状であることが多いため、定期的な検査が必要です。高い眼圧による視神経の損傷がかなり進行し、残念ながら永続するまで、高眼圧症の兆候はないかもしれません. したがって、この永久的な損傷が発生する前に、定期的な目の検査を受けて、高い IOP を診断することが重要です。 

    高い IOP が検出された場合、眼科医または検眼医が他の検査を行って、眼圧上昇の原因を特定します。隅角鏡検査は、特殊なコンタクト レンズを使用して目の排水角度 (チャネル) を検査する技術です。チャネルは、開いているか、閉じているか、または狭くなっている可能性があります。房水が自然に排出できないという事実により、閉鎖または狭窄したドレナージ チャネルは、眼圧の上昇を引き起こす可能性があります。 

    閉鎖または狭い排水路の場合、眼圧が急激に上昇し、急性閉塞隅角緑内障発作を引き起こす可能性があります。急性閉塞隅角は、緊急治療を必要とする医学的緊急事態です。この圧力の急激な上昇は、重度の眼痛、吐き気と嘔吐、かすみ目、輪や光の輪を見るなどの劇的な症状を引き起こします. これらの症状のいずれかを経験した人は、治療のために遅滞なく地元の病院の救急部門に出頭しなければなりません. 救急部門はまた、眼科に連絡して治療を継続し、継続的なフォローアップを手配します。


    高眼圧の原因

    眼のすべての高血圧は、房水の産生と房水の排出との間の不均衡によって引き起こされます。これには多くの原因があります。原発性緑内障とは、原因が明らかでない場合を指します。続発性緑内障は、外傷/怪我、投薬、またはその他の眼の状態によって引き起こされる可能性があります。

    1. 過剰な房水産生

      虹彩、または目の着色された部分の後ろにあるのは、毛様体として知られる構造です。この構造は、房水の産生に関与しています。この透明な液体は、組成が血漿に似ており、水と少量の砂糖、ビタミン、タンパク質、および目の健康に不可欠なその他の栄養素を含んでいます。液体は毛様体から目の前部に流れ、虹彩と角膜の間の空間を満たします。また、角膜に栄養を供給するだけでなく、目に構造を与えるのにも役立ちます. 房水の産生が排液と同期しなくなると、眼圧が上昇する可能性があります。小さな穴が開いた水風船を埋めるようなものだと考えてください。風船から水が漏れることがありますが、 

    1. 既存の眼の状態
      眼圧の上昇は、仮性剥脱症候群や色素分散症候群などの緑内障の二次的原因を含む、多くの眼の状態に関連しています。
    2. 遺伝的素因

      人種、年齢、および家族歴はすべて、高眼圧症/緑内障を発症するリスクに寄与します。オーストラリア先住民、アジア系、アフリカ系、ヒスパニック系の人々は、他のどの民族グループよりもリスクが高くなります。糖尿病や鎌状赤血球貧血などの遺伝的疾患を持つ人々は、極度の近視(近視) または遠視 (遠視) を持つ人々と同様に、高 IOP のリスクが高くなります。 

    3. 眼圧に影響を与える可能性のある多くの薬があるため、眼科医または検眼医に薬歴を提供することが重要です。これらには、コルチコステロイド点眼薬(炎症性の眼の状態の治療に使用される)や特定の喘息パファーなどの他のものを含むコルチコステロイド薬が含まれる場合があります. 

    4. の外傷 :眼の外傷は、房水の産生と排出のバランスを変える可能性があります。この変化はすぐには起こらない場合があり、特定の目の構造への瘢痕や解剖学的損傷による最初の外傷から数か月または数年後に発生する場合があります。視力検査を受けるときは、検眼医/眼科医に過去に受けた可能性のある眼の外傷を伝えて、検査の要素にできるようにすることが重要です. 
    5. カフェイン摂取量:「低強度持久力運動中の眼圧に対するカフェイン消費の影響」と題された2020年の研究では、カフェイン摂取と低強度運動がIOPの増加に関連しています。運動とカフェイン摂取の両方が眼圧に影響を与えることがすでに知られていましたが、この新しい研究は、低強度の運動(サイクリング、ジョギング、水泳など)の前にカフェインを摂取すると、運動による眼圧低下の利点が打ち消されることを示しています. (著者 ダニエル・ウィルクス:Daniel Wilks は、ジャーナリスト、コンテンツ プロデューサー、ポッド キャスター、劇作家。

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。