神経眼科

[No.951] 片頭痛について眼科医が知っておくべきこと:記事紹介

清澤のコメント:Ophthalmology誌に片頭痛に関するディグレ教授らの対談が掲載されている。長大なものなので、その要旨を採録してみます。ベータブロッカー点眼、ボトックス注射、FL41遮光眼鏡など試すことのできる手段も提示されています。
   ーーーーーーーーー

片頭痛について眼科医が知っておくべきこと

Reena Mukamal 寄稿ライター、キャスリーン ディグレ (MD)、アナト ガラー (MD、MSPH)、ショーン グラットン (MD)3氏 へのインタビュー

PDFをダウンロード

片頭痛は神経疾患だが、視覚的な生活の質を著しく低下させる不快な眼症状を伴うことがよくある。眼表面疾患は片頭痛患者の頭痛を悪化させる可能性があり、片頭痛は眼表面疾患の激しい症状を引き起こすこともある. これらの理由から、眼科医が片頭痛および関連する症状を経験している患者の最初の目的地であることが多いことは驚くべきことではありません.

片頭痛と目の関係を理解することで、眼科医は教育、治療、および/または専門家への紹介で患者をより適切にサポートできるようになる可能性があります。

   ーーーーーーー

片頭痛に関連する視覚症状

片頭痛の眼症状は、頭痛を伴う場合と伴わない場合があります。羞明、視覚オーラ、および眼痛は、最も一般的で厄介な眼の症状です。

光恐怖症(羞明)。極度の光過敏症は、片頭痛患者の最大 90% に影響を与える。慢性羞明は片頭痛の診断基準であると彼女は言いました.

ビジュアルオーラ(視覚前兆)。片頭痛患者の約 4 分の 1 が視覚前兆を経験します。これには、視覚障害、光の点滅、波状の線や点、盲点、片側または両側の視力喪失などがあります。これらの障害は、頭痛に先行するか、頭痛とともに発生する可能性があります。頭痛がなくても発生する可能性があります。

痛みと眼表面の不快感。目の後ろの痛みや圧迫感は、片頭痛の典型的な兆候です。しかし、乾燥、引っかき傷、灼熱感、刺激感、流涙も片頭痛の兆候である可能性があり、ドライアイ疾患、眼瞼炎、アレルギー性結膜炎などの眼表面疾患に関連している可能性があります. 

痛みの経路
痛みの経路。目の痛みと片頭痛の痛みは、三叉神経と自律神経系を含む同様の経路を使用し、どちらも目の症状を引き起こす可能性があります.

目と脳のつながり

三叉神経系。眼の痛みと片頭痛の痛みを結びつける主なメカニズムは、三叉神経系です (図 1 )。ショーン・グラットン医学博士は、三叉神経は眼を支配しており、片頭痛の病態生理学において基本的な役割を果たしていると述べています。ディグレ博士は、片頭痛患者は感覚統合に問題があると考えられていると付け加えました。三叉神経系は、頭の痛みを引き起こす頭の硬膜と血管だけでなく、眼と角膜も神経支配し、眼の痛みを引き起こす可能性があります. 

自律神経系。三叉神経経路は自律神経系 (ANS) とも密接に関連しており、これも片頭痛の一因となる可能性があります。

眼表面疾患が片頭痛に関連する場合

眼表面疾患の症状は、片頭痛を発症していない人よりも片頭痛の人に多く見られます。 研究によると、片頭痛の患者と乾燥症状のある患者の両方で角膜過敏症が増加していることが示されています. 片頭痛の人は、一般に、あらゆる種類の刺激に対して過敏であるため、眼表面の症状が重くなる可能性が高くなる可能性があります。悪循環になりがちです。眼表面疾患は、三叉神経の求心性神経 (末梢感作としても知られる) を非常に刺激する可能性があるため、根底にある初期刺激がなくなると、脳幹の核 (中枢感作) が実際に痛みのシグナルを発し始める可能性があります。

神経学的寄与因子を評価します。眼表面の痛みと眼表面の病気の症状が独立して存在するのか?、それとも片頭痛に関連しているのか?目の痛みを伴う吐き気や嘔吐があるか?患者がこれら 3 つの質問のうち 2 つに「はい」と答えた場合、片頭痛またはその他の神経学的要因を調査する必要がある。他の明確な兆候には、検査時の光過敏、顕著な静脈拍動、浅側頭動脈圧迫または浅眼窩動脈圧迫による痛みの軽減が含まれます。神経の寄与が疑われる場合、プロパラカインを各眼に一滴入れ、痛みの減少をチェックする。

片頭痛の管理

眼科医は、眼の症状との神経障害の関連性を明らかにし、患者を教育し、包括的な片頭痛治療を提供するプロバイダーとの確立された紹介経路を作成することができる。 管理に対するアプローチが強調されている。①片頭痛の頻度、強度、期間を減らすための予防療法;② 片頭痛の引き金を減らすことを目的としたライフスタイルの変更。

痛みと症状の緩和

急性片頭痛については、チモロール点眼薬を含むいくつかの治療法を推奨されている (「緑内障の点眼薬は片頭痛に役立ちますか?」を参照)。

痛みを治療する。急性疼痛緩和のために、アセトアミノフェン/パラセタモールやイブプロフェンなどの市販薬から始める。

トリプタンはしばしば処方される。安全性の長い実績で実証済み。ただし、血管を収縮させる可能性があり、心臓病の人にはお勧められない。

ジェパントは、片頭痛時に放出される痛みのシグナル伝達タンパク質であるカルシトニン遺伝子関連ペプチド (CGRP) の受容体を遮断する。より高価であり、一次治療として保険でカバーされない可能性がある。

FL-41 レンズ:羞明に苦しんでいる患者は、FL-41 レンズが使用できる。1980 年代のバラ色のメガネは、片頭痛や羞明を悪化させることが知られている光の波長を遮断すし、羞明を緩和する。

緑内障点眼は片頭痛を助けることができるか?

経口ベータ遮断薬は片頭痛の予防に一般的に使用されていますが、おそらく吸収が遅いため、急性疼痛の治療には役立っていない。しかし、ベータブロッカーであるチモロールは、片頭痛の効果的な中絶治療になる可能性がある患者は、チモロール 0.5% の 1 滴を点眼後 20 分で、チモロールで治療された患者の 82% が 疼痛スコアの減少を報告した。点眼は安価で、広く入手可能で、忍容性が非常に高い。

防止

患者が妊娠中絶薬を週に 2 回以上服用している場合は、予防治療を見つけるじとが勧められる。

伝統的な薬。片頭痛の再発を減らすのに. 抗てんかん薬(トピラメートなど)、ベータ遮断薬(プロプラノロールなど)、抗うつ薬(アミトリプチリンなど)は、最初のステップとして処方される場合がある。

CGRP モノクローナル抗体。 CGRP モノクローナル抗体は、頭痛を予防するために機能する。FDA が承認した 4 つのオプションがあります。eptinezumab (Vyepti)、erenumab (Aimovig)、fremanezumab (Ajovy)、および galcanezumab (Emgality) です。それらは非常に高額で [月額約 600 ドル]です。

オナボツリヌス毒素A。OnabotulinumtoxinA は、FDA が承認した慢性片頭痛の予防治療薬です。三叉神経痛経路に関与する別の神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を阻害することにより、12週間ごとに注射することで頭痛の頻度を減らすことができる。オナボツリヌス毒素は、眼瞼けいれんや片側顔面けいれんなどのさまざまな問題のために、多くの眼科ですでに使用されている。相互作用がないため、他の多くの薬を服用している患者に特に適している。オナボツリヌス毒素Aはドライアイの症状と羞明を助ける可能性もある。

神経調節装置。これらのデバイスは、電流または磁石を使用して、片頭痛に関与する神経経路の活動を調整または変更し、すでに進行中の頭痛を止めるために緊急に適用することができる。ニューロモデュレーションは、薬理学的投薬で忍容性の問題を抱えている患者に薬物を使用しない代替手段を提供し、全身的な副作用を伴わない。治療は自宅で毎日自己管理できる。非侵襲的デバイスは、多くの薬を服用している患者にとっては理にかなっているが、数百ドルかかる可能性があり、すべてが返金保証を提供しているわけではあない。

ライフスタイルの変化

トリガーを管理する。Digre 医師は、家族歴、ストレス、うつ病、睡眠時無呼吸症候群などの片頭痛の危険因子について患者に尋ね、肥満について話すことの重要性を強調した。ライフスタイル管理に関する教育は無料で簡単で、患者に大きな違いをもたらすことができる。ストレスは大きな影響力である。他には、睡眠不足、水分不足、一貫性のない栄養/食事を抜くこと、運動しないことが含まれる。急性期の薬の過剰使用は薬物乱用頭痛につながる可能性がある。酸化マグネシウムとリボフラビン (ビタミン B2) 補給も勧められる。

ディグレ博士は、ユタ大学ソルトレイクシティ校のジョン A. モラン眼科センターの神経学および眼科の教授。ガロール博士は、フロリダ州マイアミ大学バスコム パーマー眼科研究所の眼科教授です。グラットン博士は、ミズーリ大学カンザスシティ医科大学の神経学および眼科の准教授。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。