全身病と眼

[No.401] 瞼からヒトヒツジバエの蛆を取り出したという記事紹介

瞼からヒトヒツジバエの蛆を取り出したという記事紹介

清澤のコメント:瞼からウジを取り出したという記事が公表されました。──アマゾンで虫に刺された女性。ほどなくして、右まぶたの内側にうごめく何かに気づいた。インド・ニューデリーの病院で、女性の目から生きたハエが摘出された。手術は麻酔なしで行われ、右まぶたの組織の内部から体長約2センチの生体が取り出された。:とのことでした。

調べてみたら同様のウジが頬から取り出される動画もありました。また優れた総説もありましたので概要を紹介します。このハエは、血を吸う昆虫に卵を産み、その昆虫が哺乳類の地を吸うと、温度刺激で孵化して間もなく宿主の皮下に潜り込みそこで寄生を始めるのだそうです。

 

医師が人間の顔からErmatobiaHominisと呼ばれる厄介な寄生虫を引っ張りだす。
2020/03/05•ヒトヒツジバエDermatobiahominisは、ハエのいくつかの種の1つであり、その幼虫は人間に寄生します。 トルサロまたはアメリカのウシバエとしても知られていますが、ウシバエはヒトヒフバエではなくヒツジバエ属に属しており、人間ではなく牛や鹿の寄生虫です。

② この寄生虫ヒトヒツジバエ、トルサロの解説:

一般名:ヒトヒツジバエ、トルサロ(中央アメリカ)、学名:ヒトヒフバエ(リンネ) 、ジュニア)(昆虫綱:双翅目:ヒツジバエ科)

はじめ 

人間のボットフライであるヒトヒフバエ(Linnaeus Jr.、1781)は、マルハナバチのように見える大きくて密な髪のハエです(Kahn1999)。人間のボットフライは中南米原産です。ハエが病気の原因となる病原体を感染させることは知られていなませんが、ヒトヒフバエの幼虫は哺乳類の皮膚に寄生し、皮下層の幼虫期を生き延び、体液を分泌する痛みを伴う膿疱を引き起こす。体内のハエの幼虫の侵入は、蠅蛆症として知られています。

非先住民から報告されたヒトヒフバエの症例は、旅行者が中南米から寄生虫を持ち帰ったときに診断されます。春樹他 (2005)中南米への海外旅行の結果として、1974年から2005年にかけて日本でヒトヒフバエの33例が報告されました。

分布

ヒトヒフバエは、北はメキシコからパラグアイ、南はアルゼンチン北東部に自生しています。

1.ヒトヒツジバエDermatobiahominis(Linnaeus f。)の地理的分布。

説明

成虫:成虫のヒツジバエは長さが12〜18 mmで、さまざまな色があります(Kahn 1999、Sampson et al.2001)。顔は黄色で、腹部はメタリックブルー、脚はオレンジ色で、体の各部分は毛で覆われているため、マルハナバチのように見えます(Khan1999)。

卵:ヒツジバエの卵はクリーミーな色と楕円形で、雌のヒツジバエが捕獲したさまざまな種類の採血昆虫に付着しています。

幼虫:幼虫、または白いウジは、哺乳類の宿主で一度3齢を通過します。各齢は独特の形を発達させます。

蛹:蛹は、3齢幼虫の顕著な前気門を示す場合があります。

ライフサイクル 

卵:ヒトヒフバエのメスの成虫は、飛行中のヒツジバエによって捕獲された吸血節足動物(通常は蚊またはダニ)に成熟した卵を産みます。この振る舞いは、便乗として知られています(Safdar et al.2003)。ヒツジバエの卵は温度の変化に反応して孵化します。

幼虫:幼虫は、咬傷または毛包を通って皮膚に入り、そこで皮膚に潜り込みます。約30日後、比較的大きくなる可能性のある3齢幼虫(図7)が宿主から這い出て、土壌中で蛹化します。一般に、宿主内の幼虫の寿命は5〜12週間です(Acha and Szyfres1994)。

蛹:蛹は地面で起こり、蛹は餌を食べません。成虫は2〜3週間後に出現します。

成虫:ヒツジバエは蛹から出現し、その非常に敏感な触角(視力の低下を補う)により、オスとメスはお互いをすばやく見つけることができます(Fernandes et al.2004)。成虫期には、ヒトヒフバエは餌を食べません。

ホスト 

人間のボットフライの最も一般的な宿主は牛と犬です。しかし、それらは水牛、牛、猫、犬、人間、猿、豚、ウサギ、羊を含む多くの温血動物に見られます。

症状と治療 

ヒトヒフバエの幼虫は皮膚に隆起した病変を引き起こし、それが硬くなり、時には痛みを伴います。場合によっては、患者がシャワーを浴びたり、傷口を覆ったりすると、幼虫が動いているのを感じることがあります(Haruki etal。2005、Sampson et al.2001)。宿主は白血球数の増加に反応し、傷の周りに大量のマクロファージが見られます。このため、病変はしばしば膿を分泌します。

ヒトヒフバエの治療にはいくつかの治療法の選択肢があります。幼虫を取り除く最も一般的な方法は、局所麻酔を含む簡単な外科的処置です。メスを使ってスリットを切り、傷口を大きくすることで、幼虫を取り出すことができます。

管理 

中南米への旅行者が増加しているため、ベクターの個体数を注意深く監視および制御することが重要です。さらに、これらの地域への旅行者は、防虫剤の塗布や保護服の着用などの予防措置を講じる必要があります(Diazetal。2006; Maier and Honigsmann2004)。

https://entnemdept.ufl.edu/creatures/misc/flies/human_bot_fly.htm#:~:text=The%20fly%20is%20not%20known,body%20is%20known%20as%20myiasis.

関連記事

コメント

  1. Great selection of modern and classic books waiting to be discovered. All free and available in most ereader formats. download free books https://www.sun.edu.ng/the-librarian

  2. whoah this blog is wonderful i really like reading your articles. Keep up the great paintings! You realize, a lot of people are hunting round for this info, you could help them greatly.