小児の眼科疾患

[No.199] 0.05%、0.025%、および0.01%のアトロピンに対する近視抑制治療反応に対する年齢の影響: 論文紹介

清澤のコメント:最近小児の近視進行に介入して近視の進行を抑制するという研究が盛んに勧められています。オルソケラトロジーや特殊なコンタクトレンズと並んで低濃度アトロピンもその目的での使用が検討され、日本国内でも医師による個人輸入での使用が始められつつあります。そこで、自由が丘清澤眼科でも、オルソケラトロジーとともに低濃度アトロピンの治療薬を導入しようとしています。近年、低濃度アトロピン点眼は近視の進行抑制効果が約60%程度あると報告され、副作用もほぼないことが確認されました。その参考になる新しい文献が有ったのでここに紹介します。なお、近視抑制の低濃度アトロピン0.01%点眼薬よる治療は自費診療となりますので、近視進行抑制以外での診察は別の日に受診していただくことになります。たとえば定期検査の日に、花粉症も診察、ということは行えませんのでご了承お願います。自費診療と、通常の保険診療は、同日に行うことができない規則がございますので、ご理解ください。

 

ーーーー論文の要旨とその前文引用ーーーーー

0.05%、0.025%、および0.01%のアトロピンに対する治療反応に対する年齢の影響

近視進行研究のための低濃度アトロピン 公開2021年1月7日DOI:https //doi.org/10.1016/j.ophtha.2020.12.036

目的:近視進行のための低濃度アトロピン(LAMP)研究において、治療時の年齢および他の要因がアトロピンに対する治療反応に及ぼす影響を調査すること。

設計:ランダム化試験からの二次分析。

参加者:もともと0.05%、0.025%、または0.01%のアトロピンまたはプラセボを1日1回投与するように割り当てられ、2年間のLAMP研究を完了した、4〜12歳の350人の子供が含まれていました。2年目に、プラセボ群は0.05%アトロピン群に切り替えられました。

メソッド:2年間にわたる球面等価(SE)と軸方向の長さ(AL)の変化の潜在的な予測因子は、各治療群の一般化推定方程式によって評価されました。評価された要因には、治療時の年齢、性別、ベースライン屈折、親近視、屋外時間、近視時間、および治療コンプライアンスが含まれていました。2年間にわたるSEとALの変化の推定平均値と95%信頼区間(CI)も生成されました。

主な成果対策:2年間にわたるSEの変化とALの変化に関連する要因が、主要なアウトカム指標でした。初年度の関連要因は、二次的な結果の測定でした。

結果:0.05%、0.025%、および0.01%のアトロピングループでは、SEの進行(それぞれ0.14、0.15、および0.20の係数)およびALの伸長(–0.10、–0.11、および–0.12の係数)に関連する唯一の要因は若い年齢でした。 、それぞれ)2年以上; 年齢が若いほど、反応は悪くなります。治療群全体で4歳から12歳までの各年齢で、高濃度のアトロピンは、濃度依存性の効果(P傾向)に続いて、より良い治療反応を示しました。各年齢層で<0.05)。さらに、0.05%のアトロピンを投与された6歳の子供(–0.90ジオプター[D]; 95%CI、–0.99から–0.82)の平均SE進行は、0.025%を投与された8歳の子供と同様でした。アトロピン(–0.89 D; 95%CI、–0.94〜–0.83)および0.01%アトロピン(–0.92 D; 95%CI、–0.99〜–0.85)を投与されている10歳の子供。すべての濃度は、すべての年齢層で十分に許容されました。

結論:若い年齢は、0.05%、0.025%、および0.01%の低濃度アトロピンに対する治療反応の低下と関連しています。研究された濃度の中で、より若い子供は、より低い濃度を受けている年長の子供と同様の近視の進行の減少を達成するために、最高の0.05%の濃度を必要としました。

キーワード

略語と頭字語: AL軸方向の長さ)、ATOM1近視の治療のためのアトロピン1)、CI信頼区間)、Dジオプター)、LAMP近視の進行のための低濃度アトロピン)、SE球形の同等物

前文:近視は世界的な公衆衛生上の脅威であり、特に東アジアでは、ここ数十年でますます蔓延しています。 世界の人口の約半分は2050年までに近視になると予測されており、10%が強度近視であると予測されています。これは、–6ジオプトリー(D)未満の屈折異常を示すと定義されています。過度の軸方向の伸びに関連しているため、視力を脅かす合併症を引き起こします。高度近視は、社会に大きな公衆衛生上の負担と経済的負担の両方をもたらします。低濃度のアトロピン点眼薬は、子供たちの近視をコントロールするための新しい治療法であり、優れた効果を示しています。 近視進行のための低濃度アトロピン(LAMP)研究は、0.05%、0.025%、および0.01%の低濃度アトロピンの濃度依存性応答を明らかにしました。これにより、 1年間のプラセボ群と比較した同等の(SE)進行に比べて、球面等価でそれぞれ67%、43%、および27%の減少が得られます。 それにもかかわらず、治療を受けているにもかかわらず、子供の割合はまだ急速に進行するため、治療の反応は大きく異なります。特に、近視の治療のためのアトロピン1(ATOM1)研究は、近視の進行の固有のリスクが高い人は、1%のアトロピンに反応しにくい傾向があることを示唆しました。特に、低濃度のアトロピンに対する反応不良の関連要因はまだ解明されていません。このような要因は、濃度調整の基準として機能するために重要です。そうでなければ、代替療法または併用療法への切り替えが必要になる場合があります。若い年齢がより速い近視の進行に関連する主な要因の1つであったため、治療時の年齢が治療結果に影響を与えると仮定しました。この研究では 2年間のLAMP研究で、0.05%、0.025%、0.01%のアトロピンに対する治療反応に対する、治療時の年齢およびその他の要因(性別、ベースライン屈折、親近視、屋外時間、近視、治療コンプライアンスなど)の影響を評価することを目的としました。ーーー。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。