社会・経済

[No.808] 日本人従業員の柔軟な勤務時間における燃え尽き症候群と健康意識の低下:論文紹介

清澤のコメント:コロナ禍で普及した自己裁量での柔軟な勤務時間における仕事中毒とみなせる従業が、低い健康意識の下では燃え尽き症候群をもたらす危険があるという内容の論文を、横山和仁先生が再就職先の大学から発表し、大学の同級生のフェイスブックで教えてくれました。相変わらずの精勤に感服です。公衆衛生、労働衛生学という見地からのこの論旨に反対ではありませんが、自営業者では、最初に定めた就業時間を超えることなどは、当たり前のことではあります。参照;https://www.note.kanekoshobo.co.jp/n/nb2de2b460215?fbclid=IwAR0nlNEOkiZuwsRySr86BhDthnDQRNtgx99UP-uukepTNSxrx3T9ZPjXUgs

  ーーーーーーーー

日本人従業員の柔軟な勤務時間における燃え尽き症候群と健康意識の低下: 仕事中毒、仕事への関与、および仕事のストレス要因に関連する自己危険行動の役割
横山和仁ほか
要約:この研究の目的は、柔軟な勤務時間が燃え尽き症候群と関連しているかどうかを調べることでした
自己危険労働行動 (SEWB)、ワーカホリズム、仕事への関与、および仕事のストレス要因の仕事関連の心理的/行動的要因に関連して、健康状態が悪いと認識されています。日本のフルタイム従業員600人を対象としたインターネット調査から得られたデータを分析しました。また、心理的/行動的要因に対する燃え尽き症候群と知覚された健康の全体的な関係を調査するために、パス分析を使用した因果モデルを提案しました。その結果、柔軟な勤務時間は、燃え尽き症候群、労働時間、SEWB、ワーカホリズム、仕事の要求の増加などの仕事関連の悪影響と要因、および仕事への関与の改善などの正の要因と関連していることが示されました。経路分析は、燃え尽き症候群が、直接的および SEWB を介したワーカホリズムと、仕事の決定の自由度の低さによって引き起こされ、仕事への関与によって減少することを示唆しました。同様に、健康状態の悪化は SEWB を介した仕事中毒によって引き起こされ、仕事への関与によって減少することが観察されました。したがって、SEWB は仕事中毒によって引き起こされ、柔軟な労働時間の健康への悪影響において重要な役割を果たします。労働者が柔軟な勤務時間の恩恵を受けるためには、ワーカホリズムを改善することが重要です。

SEWB、および仕事の決定の自由度が低く、職場での仕事への関与を開発する。
キーワード: 自傷行為、ワーカホリズム、仕事への取り組み、仕事のストレス、燃え尽き症候群、健康意識、柔軟な勤務時間

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。