社会・経済

[No.933] NY ダウ、また暴落が始まる:高橋ダン動画紹介

清澤のコメント:ニューヨークの株価もコモディティーも急落を続けています。ウクライナの反転攻勢とは連動してはいません。一服ではありますが、円安も加速中。毎日の高橋ダン氏の評論が面白いです。

  ーーーーーーーーー

◎ 〔米株式〕NYダウ、続落(16日)☆差替 5:35 配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】週末16日のニューヨーク株式相場は、米物流大手フェデックスの業績見通し撤回で市場心理が悪化し、続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比139.40ドル安の3万0822.42ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は103.96ポイント安の1万1448.40で引けた。
 フェデックス社の撤回発表で世界的な景気後退懸念が広がり、ダウは朝方から景気敏感株を中心に売られる展開。ただ、今週の急落を受けた安値拾いの買いが入ったほか、週末や来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えたポジション調整の動きが出て取引終盤に下げ幅を圧縮した。
 この日明らかにされた9月の米ミシガン大消費者景況感指数(暫定値)は59.5と、前月(確報値)の58.2から上昇したが、市場予想(ロイター通信調べ)の60.0を下回った。ただ、5年先期待インフレ率は前月の2.9%から2.8%に低下した。
 業種別ではエネルギー、資本財、素材、金融といった景気敏感業種の下げが目立った

高橋ダン氏のコメント:ニューヨーク株下落が続きそう。朝一分まずチャートを見るべきだ。SN500も下落中。7日先までの下落予想者率は7割くらいになるはずだがまだ50%だ。ダウ下落に対する恐怖はまだ6割でしかない。これが75%までゆかないと株価はボトムアウトしない。75%になれば、ボトムフィッシングができるはず。ニュースで、購入ムードが変わっている。米輸入物価指数は下がり始めた。天然ガス低下。鉄道のストは回避。原油4,45%と金は1.9%下落。人々に恐怖が見当たらないから、まだ下がるだろう。原油売り予測は85%。金は1.9%下落した。人々に恐怖が見当たらない点が危険。

◎ こんな言葉もあるようです:落ちてくるナイフはつかむな:相場・格言・由来

急落時の投資は落ちてくるナイフをつかむようなもので、どんなに魅力的な銘柄でもナイフが床に落ちてから、つまり底を打ったのを確認してから投資すべきという相場格言。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。