自由が丘 清澤眼科について

[No.371] グーグルへの苦情に関しまして:

清澤のコメント:自由が丘清澤眼科に対するグーグルへの或る投稿に苦慮しております。他医院への不満が自由が丘清澤眼科あてに書き込まれているからです。

 すでにご存じかと思いますが、昨年2月に清澤源弘は高齢の為に南砂町清澤眼科医院の運営を譲渡して理事長を辞し、9月には院長も引退しました。その後、昨年11月に小規模な自由が丘清澤眼科を別途に開設しました。

 両医院の関係は依然友好的ですが、その後、清澤は南砂町での診療を本年1月末で完全に終了しました。南砂町清澤眼科医院ではこの後、神経眼科疾患を診療する医師の診療がなくなりましたので、神経眼科関連の診療は中止と公示されました。今後4月には医院名も南砂町駅前クリニックに変更するそうです。

 南砂町に連絡を戴いた場合、神経眼科疾患の患者様には神経眼科外来診療中止の告知のみではなく、清澤の移転先も伝えるという趣旨でした。これが、誤解を招いてしまったようです。他院への紹介をご希望の方は、南砂町清澤眼科で担当医師に既存のカルテに基づき他院への紹介状発行をご依頼ください。

 両診療所のあいだの関係は依然友好的ですが、資本及び人的交流は全くなく、清澤は南砂町清澤眼科医院のカルテ閲覧の権限も有しておりませんので、この状況をご理解ください。

 なお、4月以降に旧清澤眼科医院通信(ブログ)はホームページとともに消去されます。昨日(南砂町の)清澤眼科医院通信に掲示してあったビジュアルスノウに関する多くの記述を、この自由が丘清澤眼科のブログに移植しました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。