角膜疾患

[No.2357] 雪原では雪目に注意

ユーチューブ:菅井さんの天気予報(2月6日火曜)では「

◆雪目に注意を  2月は光の春と呼ばれるように、日差しのまぶしさに春を感じられる時期です。  ただ、晴れた日に、雪の中で長時間過ごす際には、  雪目(雪眼炎)に気を付けなければなりません。  雪目とは、いわゆる目が強く日焼けした状態で、やけどと考えて下さい。  日中は、何ともなくても、夜になると、急に痛みが出たり、充血したり涙が出たり  することがあります。  軽度の症状ですと2~3日で治りますが、重度だと目の病気になり  手術が必要になったり、視力低下のおそれがあります。  紫外線をしっかりと防ぐサングラスなどで、対策をしましょう。:と話しています。(図は清澤隣家の雪達磨)

   ーーーー光線角膜炎をより詳しく解説ーーーー

Eyewiki(米国眼科学会の公式解説)によれば、

光線角膜炎 photokeratitis

オースティン・ロール医師らの説明。担当編集者:ラヴィ・パテル医学博士 2023年11月9日。

光線角膜炎、または紫外線角膜炎は、無防備に紫外線 (UV) にさらされた後に発症する可能性のある痛みを伴う目の病気です。溶接アーク(アークアイ、溶接工の目)、雪からの反射(雪目)、殺菌用 UV ランプなどのさまざまな発生源からの紫外線は、角膜上皮細胞に損傷を与え、上皮が数時間後に剥がれ落ちてしまう可能性があります。これは目の「日焼け」に似ています。これにより、下にある角膜神経が露出して損傷を受け、激しい痛み、羞明、異物感などの症状が引き起こされます。

病態生理学

角膜は透明で、可視スペクトル(400nm~700nm)の光を透過しますが、紫外スペクトル(10nm~400nm)の光は吸収します。多くの動物実験では、角膜上皮が 290nm (UV-C 範囲) 未満の紫外線をほぼ 100% 吸収することが示されています。この上皮の UV 吸収は、その下にある間質および内皮の保護的な役割を果たす可能性がありますが、その過程で損傷とアポトーシスを引き起こし、上皮の脱落の遅延をもたらします[1]

かなり長いスペクトルの UV 曝露は、動物モデルにおいて間質および内皮損傷を引き起こすことが示されています[2]

光角膜炎が痛みを伴う理由は、上皮が優先的に損傷して剥がれ落ち、その下にある上皮下の神経叢が露出したままになるためです[2]

病因と危険因子

アーク溶接と雪(特に高地)からの光の反射は依然として光角膜炎の最も古典的な曝露例ですが、他にも多くの原因が存在し、報告されています。以下に、光角膜炎における潜在的な紫外線曝露源のリストを示します。

  • アーク溶接
  • 雪の反射
  • その他の娯楽目的の太陽光照射
  • 太陽光ランプ
  • 日焼け用ベッド
  • 殺菌用または実験用 UV ライト
  • 破損したメタルハライドランプ(体育館で見つかる)[3]
  • ハロゲンランプ破裂[4]

雪に覆われた地形での登山など、高地での紫外線への曝露は特に強く、一般に雪目として知られる光角膜炎を引き起こす可能性があります。これは複数の要因が重なって発生します。高高度では大気が薄くなり、紫外線の散乱が少なくなります。雪の地形では、アルベドまたは放射線の反射も増加します。新しく降った雪は、反射率またはアルベド率が最大 0.9 または 90% になることがあります[5]

診断

兆候と症状

曝露による発現の遅延は、光角膜炎の絶対的な特徴です。線源への曝露後 30 分から 12 時間の間、患者は通常、両側の目の痛み、羞明、視力低下、流涙を呈し、また、紫外線曝露に関連して顔面または眼瞼の紅斑を呈することもよくあります。

身体検査

眼科検査により、両側の眼の病変が明らかになるはずです。片側の場合は、角膜異物、あるいは片側の目の炎症や発赤を引き起こすその他の原因が疑われる可能性があります。

通常、検査により眼球結膜の充血と結膜炎症が明らかになりますが、眼瞼結膜の領域への紫外線曝露はまぶたによってブロックされるため、眼瞼結膜(瞼の裏側)は比較的温存されます。流涙症(流涙)、眼瞼浮腫症、および顔面の表面の火傷も明らかになる場合があります。視力は正常から中程度に低下する可能性があり、局所麻酔薬を点眼しないと視力を評価するのは困難な場合があります。

フルオロセイン染色で見られる点状角膜症のパターンは光線角膜炎で見られます。フルオロセイン色素を滴下すると、角膜の点状上皮染色が明らかになり、重度の曝露では染色点が合体する可能性があります。これらの染色領域は、損傷を受けて剥がれ落ちた角膜上皮を表します。

鑑別診断

両側の目の充血、炎症、羞明を引き起こす可能性のある他の症状を考慮することが重要です。

  • ウイルス性結膜炎 – 両側性で同様の所見を引き起こす可能性がありますが、通常は片方の目が最初に発症し、結膜への充血と結膜炎症も同様に顕著になります。光線角膜炎では、両側性に同時に発症し、眼瞼結膜は比較的温存されることが予想されます。
  • コンタクト レンズのオーバーウェア – コンタクト レンズの使用歴が予想されます
  • ドライアイ – 涙液の減少、涙の分解時間の減少、紫外線曝露歴の欠如が見られます。
  • 局所薬剤の毒性 – ブリモニジン、ネオマイシン、トブラマイシン、防腐剤を含む局所薬剤などの点眼に対する感受性または毒性を考慮します。
  • 化学物質への曝露 – 洗浄スプレー、オーブンクリーナー、その他の化学物質は、光角膜炎と同様の症状や所見を引き起こす可能性があります。
  • 上まぶたの異物 – 通常は片側で、古典的には垂直線状の角膜の擦傷を伴う

管理

一般的な治療

光角膜炎の治療は支持療法であり、角膜擦過傷の治療と同様です。角膜上皮は 24 ~ 72 時間以内に治癒するはずであり、角膜が再上皮化するまで、軟膏、人工涙液、経口鎮痛薬などの補助療法を使用して症状を治療できます。

エリスロマイシン軟膏などの局所抗生物質軟膏は快適さを改善し、細菌の重複感染も防ぐ可能性があります。エリスロマイシン軟膏を1日4回、2~3日間投与することをお勧めします。

鎮痛目的でのケトロラックやジクロフェナクなどの局所 NSAID 点眼薬の使用については、依然として議論の余地があります。 2017年のコクランの系統的レビューでは、外傷性角膜剥離に対するNSAIDの局所使用に明らかな利点は示されておらず、これらの点眼薬は経口鎮痛薬ほど費用対効果が高くありません[7]。したがって、光角膜炎のほとんどの場合、局所 NSAID の日常的な使用はお勧めしません。

目にパッチを当てることは、角膜擦過傷の治療には効果的ではなく、角膜の治癒を遅らせる可能性があるため、推奨されません[8] [9]

シクロペントラートやホマトロピンなどの調節麻痺薬/散瞳薬の使用は角膜擦過傷に効果があるとは示されておらず、一般に推奨されません[10] [11]

患者がコンタクトレンズを着用している場合は、角膜が治癒するまでコンタクトレンズを使用しないことが推奨されます。

フォローアップ

徴候や症状を確実に解決するために、1 ~ 2 日以内または最初の診断以内に眼科医によるフォローアップを手配する必要があります。新たな痛みや悪化した痛みがある場合は、すぐに再評価する必要があります。

光角膜炎に関する長期追跡研究はありませんが、生涯にわたる紫外線曝露の長期化または増加は、翼状片、紅斑、悪性黒色腫、非黒色性皮膚がんなどの他の病状を引き起こす可能性があることが知られています[12]

防止

光線角膜炎は、適切な紫外線防御を行えば予防可能な病気です。娯楽目的で UV にさらされる患者は、米国規格協会 (ANSI) のサングラス要件を満たし、適切な UV 遮断特性を備えた適切なフィッティングのサングラスを着用する必要があります[13]

溶接工などの職業的に紫外線にさらされる患者は、目と顔の保護具、および職業および教育用の個人用目と顔の保護装置に関する ANSI 規格で概説されている標準保護を遵守する必要があります。特に溶接工の場合、適切な保護のためには、シェード レベルを調整できるフルフェイス シールドが必要です。

カリブーの角で作られたイヌイットのスノーゴーグル。 Wikipedia にクレジットされ、クリエイティブ コモンズ経由でライセンス供与されていますhttps://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0/

北極地域のイヌイットは、カリブーの角や流木などの素材で細いスリットの入った古典的なスノーゴーグルを使用しており、紫外線の量を減らし雪目を防ぎます。

  ーーーーーーー

 

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。