眼瞼痙攣

[No.127] 目のぴくぴくを止める方法:記事採録です

清澤のコメント:「瞼のけいれん」のニュース検索で出てきた今日のメディカルニュースhttps://www.medicalnewstoday.com/articles/how-to-stop-eye-twitchingの2021年7月の記事翻訳に微調整を加えて採録します。主にこれは眼瞼けいれんよりも眼瞼ミオキミアを対象に想定した記載です。自由が丘の当医院では(保険診療としての)眼瞼けいれん及び片側顔面けいれんに対するボトックス治療は木曜午後と土曜午前午後に予約制で行っています。内服や点眼の薬剤などによるミオキミアの治療も手掛けています。お電話を戴けると幸甚です。

  ――採録――――

通常、目のけいれんは軽度で、数秒または数分後に自然に消えます。これは通常、根本的な状態の兆候ではありません。しかし、人々がそれを止めようとすることができるいくつかのことがあります。

軽度のまぶたのけいれん、またはまぶたのミオキミアは、 広く普及信頼できるソース。ストレス、倦怠感、カフェイン消費と関連があります。まぶたのけいれんに寄与する要因を減らすことは、それが起こる頻度を減らすのに役立つかもしれません。

この記事では、目のけいれん、その原因、およびそれを止める方法について詳しく見ていきます。

目のけいれんとは何ですか?

Pinterestで共有するマリアベロバ/ EyeEm /ゲッティイメージズ

軽度の眼のけいれんは、まぶたの閉鎖の原因となる眼輪筋が自発的に収縮し、小さくて制御できないけいれん運動を引き起こすときに発生します。この状態の医学用語はまぶたのミオキミアです。

まぶたのミオキミアは上まぶたまたは下まぶたに影響を与える可能性がありますが、最も一般的には下まぶたに影響を与えます。通常、けいれんは軽度で短時間であり、その後自然に解消します。場合によっては、何時間も続くことがあります。あまり一般的ではありませんが、慢性化する可能性があります。

目のけいれんの種類

他のあまり一般的ではないタイプのまぶたのけいれんは次のとおりです。

原発性眼瞼けいれん

原発性眼瞼けいれんはまぶたを自然に閉じさせます。これはまばたきやまばたきに似ているように見えますが、場合によってはまぶたがより長期間閉じることがあります。眼瞼けいれんは数秒から数時間続くことがあり、その間は見ることができない人もいます。

医師は、目の周りの神経の問題が本質的な眼瞼けいれんを引き起こすと考えていますが、なぜそれが発症するのかはわかりません。時には、パーキンソン病などの別の病状がそれを引き起こす可能性があります。

片側顔面けいれん

片側顔面けいれんは顔の片側の筋肉が収縮する状態。時々、これは目の近くで始まり、顔の他の領域に影響を与える前にまぶたのけいれんを引き起こします。

片側顔面けいれんは、顔面の筋肉を制御する神経を押す何かが原因で、または別の状態の結果として、それ自体で発生する可能があります。

目のけいれんを止めるためのヒント

まぶたのミオキミアが多い。ただし、この症状を止めたり軽減したりしたい場合は、次のことを試すことができます。

  1. 温湿布の使用:人々は温湿布を使用してまぶたの領域にそれを適用することができます。これは、目の周りの筋肉をリラックスさせ、けいれんを止めるのに役立つ場合があります。
  2. ストレスの軽減:まぶたのミオキミアはストレスと関連があるため、ストレスへの曝露を軽減するのに役立つ場合があります。人々は、他の人に仕事を委任し、毎日くつろぐ時間を作り、ストレス解消の趣味を試し、呼吸法やマインドフルネスなどのストレス管理技術を実践することによってこれを行うことができます。
  3. カフェインの回避:お茶、コーヒー、一部のソーダ、チョコレートにはすべてカフェインが含まれている可能性があり、まぶたのけいれんを引き起こしたり悪化させたりする可能性があります。カフェインの摂取量を徐々に減らすか、カフェインを排除してみてください。
  4. 十分な睡眠をとる:昼寝をすると、まぶたのけいれんを解消するのに役立つ場合があります。睡眠と起床の定期的なスケジュール設定して、毎日十分な睡眠をとることも良いことです。人が眠りにつくのに苦労している場合は、医師、睡眠の専門家、または他の医療専門家がアドバイスを提供することがあります。
  5. ドライアイへの対処:ドライアイ、炎症、またはザラザラした目は、まぶたのけいれんの一因となる可能性があります。保湿点眼薬を使って乾燥を和らげることができます。

眼瞼けいれんや片側顔面けいれんなど、より重度または持続性のまぶたのけいれんには、ボトックス注射などの治療が必要な場合があります。

原因

科学者たちは、まぶたのミオキミアの原因を正確に把握していません。これは、明らかな理由もなく健康な人に発生する可能性のある広範な状態です。それが次のようなライフスタイルや要因に関連している場合があります:

トピラマート、フルナリジン、クロザピンなどの一部の薬の副作用もまぶたのけいれんを引き起こす可能性があります。ただし、これはまれです。

慢性的なまぶたのけいれんに関する台湾の2017年の研究では、参加者の約半数が神経機能に異常があることがわかりました。これは神経伝導障害が原因である可能性があり、一部の人々が長続きする単収縮を発症する理由を説明しています。

専門家は理由を知りませんが、慢性的な目のけいれんも女性でより一般的であるように見えます。

研究の著者は、特に中国では、社会的または文化的圧力のために、女性が男性よりも高いレベルのストレスを経験する可能性があるためである可能性があることを示唆しています。ただし、全体としては、さらに調査が必要です。

医師は眼瞼けいれんの原因を知りませんが、根本的な状態に関連している場合があります。

片側顔面けいれんを引き起こす可能性のある根本的な状態は類似しています:

フォームの始まり

フォームの終わり

防止

軽度の眼のけいれんの既知のトリガーの多くはライフスタイルに関連しているため、人々は日常生活を変えることでこの症状を防ぐことができるかもしれません。これは次のことを意味する場合があります。

  • 早く寝るためにくつろぐ
  • 週末を含む毎日同じ時間に寝たり起きたりする
  • 睡眠衛生の実践
  • カフェイン抜きの飲み物への切り替え
  • 過労などのストレスを生み出す活動や習慣を減らす
  • 不安や高ストレスレベルについてセラピストからのサポートを求める
  • タバコの喫煙や飲酒を避ける

目のけいれんが頻繁に発生する場合、人々はそれがいつ発生したかを記録し、他の要因を書き留めておくと役立つ場合があります。これは、誰かがパターンを識別するのに役立つ場合があります。

ただし、目のけいれんが破壊的であり、日常の習慣に関連していないように見える場合、医師はそれを抑制または予防するために他の治療法を提供できる可能性があります。

これには、けいれんを防ぐために影響を受けた筋肉を一時的に麻痺させることによって機能するボトックス注射が含まれる可能性があります。

まれに、眼瞼けいれんや片側顔面けいれんを矯正するために、医師まぶたの筋切除術を勧めることがあります。この手順は、けいれんを引き起こしている筋を皮膚とともに取り除きます。けいれんを引き起こしている根本的な状態を特定することで、医師はこの症状を軽減または制御するために治療することができます。

いつ医者に連絡するか

ほとんどの場合、目のけいれんは軽度で、自然に消えます。ただし、次のような症状が見られた場合は、眼科医に連絡する必要があります。

  • 数週間以上発生し続けるけいれん
  • 視力に影響を与える重度のけいれん
  • まぶたの自発的な閉鎖
  • 顔の他の部分のけいれん
  • 頻繁なドライアイ
  • 根本的な状態を示す可能性のある他の新しい症状

概要

多くの人が軽度の一時的な目のけいれんを経験します。これは、通常、深刻な健康状態の兆候はなく、多くの場合、治療を必要としません。

ストレス、不安、睡眠障害、またはカフェインの消費を減らすことができれば、けいれんの発生頻度が低くなることがあります。

より破壊的な形態の眼のけいれんには、本質的な眼瞼けいれんおよび片側顔面けいれんが含まれます。これらは誰かの視界を妨げ、仕事や運転などの活動を行うことを困難にする可能性があります。

目のけいれんがひどい場合は、医師に相談することが重要です。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。