眼瞼痙攣

[No.341] 眼瞼痙攣の全容(Eye wikiから)

眼瞼痙攣の全容(Eye wikiから)

清澤のコメント:人はなぜ性急に完璧な答えを求めるのでしょうか?真実は何処まで追求しても、さらにその先があります。しかし、現在の最適解というものはあります。多くの記事を読んでみると、今まで見落としていた事実に出会う事も出来ます。米国眼科学会の発行しているEye WikiはWikipediaをまねたもので眼科医療に特化した最新の質問と答えを教えてくれます。そこで今日は眼瞼痙攣の全体像の部分を翻訳し、多少の手を加えて紹介します。

  ーーーーーーー

 

眼瞼けいれん

眼瞼けいれんはまぶたの筋肉の異常な収縮です。それはしばしば、両側性の状態であり、まぶたの一時的な閉鎖につながる局所性ジストニアの一形態である良性の本質的な眼瞼けいれん(BEB)を指します。BEBの正確な原因は不明であり、定義上、別の疾患実体または症候群とは関連していません。症状は通常、軽度でまれなけいれんとして始まり、時間の経過とともにまぶたの力強く頻繁な拘縮に進行します。進行した場合は、一時的に目を開けることができないために機能的な失明を引き起こします。BEBの第一選択治療は、ボツリヌス毒素の定期的な注射です。眼輪筋、皺眉筋、鼻根筋などの眼瞼分度器の筋肉に挿入します。BEBは臨床診断であり、症候群、運動障害、または角膜症や眼の炎症などの特定の眼疾患に関連して発生する可能性のある続発性眼瞼けいれんとは区別する必要があります。  

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。