白内障

[No.1096] 核白内障とは:その症状、原因、治療

清澤のコメント:白内障は中高年の患者において矯正視力低下を引き起こす最も多い原因ですが、その形によって皮質白内障、核白内障、後嚢下混濁など、その混濁の分布により様々なものに分けられます。⇒リンク:今日のネット記事では梶田先生が核白内障を取り上げていました。私の認識では、核白内障(水晶体核の硬化)は、年齢とともにゆっくり進行し、近視の強い人で起きやすい。また、水晶体核が膨化するから屈折が強まって、多少の近視化を伴う。時には老視が軽くなる。レンズの着色のため色覚に多少の変化を示し、視界がセピア色に傾く。しかし矯正視力は後嚢下混濁に比べて軽度である。といったものです。この認識で良いものであるかどうか詳しい記載を少し調べてみました。マイビジョンオルグ(https://myvision.org/cataracts/nuclear-cataracts/)の記事などを参考にまとめてみます。図はメイヨ―クリニックページから借用。白内障にカタリンやタチオンといった点眼薬を使用するのが日本の眼科医療の特色です。

◎核白内障の症状、原因、治療

核性白内障は最も一般的な種類の白内障で、目の核内でタンパク質が凝集することを特徴としています。それらは、目のレンズの中心または核に形成され、視界を曇らせます。

これは通常、老化の結果としてこれらのタンパク質が分解されるためです. これらのタンパク質の顕著な凝集は、一般に40歳前後で発生し、小さな雲を形成し、年をとるにつれて悪化します.

核白内障は手術で治療することができ、通常は白内障の前と同等の視力レベルになります (無関係な眼の状態も発症していないと仮定します)

核白内障の症状

白内障は視力に影響を与え、片目または両目に発生します。通常、汚れた窓から見ているようなぼやけ効果が特徴です。白内障の症状は、それが核性白内障であろうと、水晶体の別の領域で発生していようと、通常は同じです。

核白内障の一般的な症状には、次のようなものがあります。

ぼやけた視界/対象を見るときのフェードまたはフィルターされた色/光を見たときのまぶしさや光輪/暗視不良またはぼやけた視界/複視/めがね処方箋の頻繁な変更/

白内障の種類

白内障には原因によりいくつかの種類があり、技術的には、目の核に発生した場合、どの種類も核白内障である可能性があります. ほとんどの核白内障は老化の結果です。

1)加齢に伴う白内障:これは最も一般的なタイプの白内障です。自然な老化プロセスが原因で発生します。

2)外傷性白内障:これらの白内障は、目への打撲の結果として形成されます。

3)放射線白内障:この白内障は、特に太陽の紫外線 (UV) 線や一部のがん治療からの放射線に目がさらされると発生する可能性があります。

4)小児白内障:一部の子供は、遺伝または出産時の合併症の結果として白内障を発症します。この広範なカテゴリには、別の種類の白内障にも分類される白内障も含まれます。たとえば、外傷性の眼の損傷を経験した子供は、定義上、外傷によって引き起こされ、子供が経験したため、外傷性と小児性の両方の白内障を発症する可能性があります.

5)二次白内障(後発白内障)または後嚢混濁:これらはしばしば白内障と呼ばれますが、後嚢混濁は実際には患者の視力に同様の影響を与える別の現象です. 白内障手術後、多くの患者は、手術中に挿入されたレンズの上に瘢痕組織が形成されるため、視界が曇ります。しかし、これはレーザー後嚢切開治療で簡単に治せます。

核白内障の原因

核白内障の核という言葉は、解剖学的な意味で、水晶体中央の部分を指します。あなたの目の水晶体核はその中央にあり、目がどのように見えるかの中核部分です.

白内障とは、目が濁って光が通りにくくなる病気です。汚れた窓から覗く感じです。

この影響は通常、老化の結果であり、目の主要なタンパク質が分解され、視力が著しく影響を受けるほど目の透明な部分が歪む可能性があります. これは通常、時間の経過とともに成長する小さな曇りの斑点として始まり、視力が下がったり、さらに視界がぼやけたりします.

核白内障の危険因子

核白内障の主なリスク要因は単純な加齢ですが、その他のリスク要因として次のようなものがあります。

アルコールの過剰摂取/喫煙/ステロイドを長期間使用する事/緑内障手術を含む特定の眼科手術/糖尿病/白内障の家族歴

診断

通常、白内障のチェックは簡単な方法でできます。医師は散瞳検査の一環としてあなたを検査します。これは迅速で一般的に痛みのない検査です。

この散瞳検査では、目が一時的に光に敏感になり、数時間視力がぼやけることがあります。試験後、家まで送ってくれる人が必要です。日があまり明るくないように見えても、サングラスを着用してください。散瞳剤の効果が薄れるにつれて、入射光の一部を遮断することができます。

核白内障の治療

白内障を治療する唯一の方法は、白内障を除去する手術によるものです。 一般に、医師は患者と協力して、現在の状況に最適な計画を立てます。手術は通常、白内障が生命に十分な悪影響を及ぼし、他のより一時的な治療法が十分に機能しなくなるまで延期されます。より一時的な治療には、白内障によって引き起こされる調光効果を相殺するために明るい光を使用したり、メガネなどの矯正眼鏡を着用したりすることが含まれます。(日本ではカリーユニなどの点眼液も使われています。)

手術では、まず眼科医が白内障によって濁っている目の自分の水晶体を取り除きます。次に、眼内レンズ(IOLintraocular lens)と呼ばれる合成レンズを挿入します。このレンズは、天然レンズのような焦点調節ができないため、手術後に老眼鏡などの矯正メガネが必要になる場合があります。 白内障手術は、通常、白内障になる前 の視力レベルに戻るのに役立つ安全で効果的な手順です。

人工レンズはプラスチックレンズであるため、真の白内障を発症することはなく、白内障は再発しません。上記のように、後嚢混濁(後発白内障)を発症する可能性があります。

核白内障の進行のモニタリング

ほとんどの白内障は加齢の結果であるため、発症を防ぐためにできることはあまりありません。喫煙をやめたり、避けたりすると白内障の進行を遅らせることができるという証拠もありますが、良い習慣を実践している人でもさらに白内障を発症する可能性があります. ほとんどの場合、白内障のリスクにアプローチする最善の方法は、上記の危険因子を調べ、制御できるものは制御し、制御できないものについては医師に相談することです.

定期的な眼の検査により、進行中の白内障を早期に診断することができます。その後、医師はその進行を監視し、矯正眼鏡を処方する場合があります。核白内障で視界がぼやけるほど大きくなると、白内障の除去手術を勧められる場合があります。

核白内障に関するよくある質問

核白内障の原因は?

老化は、核白内障の最も一般的な原因です。また、過度の紫外線への露出や、喫煙や過度の飲酒などの生活習慣によっても影響を受ける可能性があります。

核白内障は加齢性白内障と同じですか?

核白内障は、「標準的な」白内障診断と呼ばれることがあります。多くの人が「白内障」について議論するとき、それは「加齢に伴う核白内障」を意味しています。

核白内障は深刻ですか?

これは 40 歳以上の人によく見られる視力障害の原因です。白内障は生命を脅かすものではありません。それらは時間の経過とともに悪化し、影響を受けた目の人の視力を低下させますが、手術で取り除くことができます.

白内障は片方の目からもう一方の目へと広がることはありませんが、一部の人々は両方の目で白内障を発症します.

白内障手術は安全ですか?

すべての手術にはリスクが伴いますが、重度の合併症はまれです。ほとんどの人は、手術後に白内障発症前と同じレベルの視力を達成します。安全で効果的な手術として広く認められています。

核白内障の見分け方は?

核性白内障は、目の核が混濁することを特徴としています。医師は、散瞳点眼薬と特殊な非侵襲的器具を使用して目を調べ、白内障やその他の目の状態の兆候を特定します。視力のぼやけや曇りなど、核白内障の症状に気付くかもしれませんが、専門家が診断する必要があります。

   ーーーーーー 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。