結膜炎・花粉症・ものもらい (結膜疾患)

[No.2333] マイボーム腺梗塞除去とは

昨年も開設したことが有りましたが、再度マイボーム腺梗塞除去処置について説明します。

適応: マイボーム腺梗塞除去手術は、マイボーム腺から分泌される油分が詰まってしまった状態を改善するために行われます1。特に、異物感を訴える患者さんや、整容的目的の除去を希望する大きなマイボーム腺梗塞の場合に適応となります2

手技: 手術は、点眼麻酔を行った後、小さなメスや先を曲げた注射針などで眼瞼結膜面を切開し、円柱状でろうそくのような硬さの芯を取り除く処置を行います1。この処置により、マイボーム腺から油分が排出されるようになり、マイボーム腺梗塞やマイボーム腺炎の症状を改善することができます1

注意事項: 手術後は、数日間抗菌剤の点眼を行うことがあります3。また、手術を行う前に患者さんがアレルギーを持っていないか確認することも重要です1。手術は通常、大した痛みを伴わないですが、手術をする前に麻酔薬を注射する際に少し痛みがあることがあります4

これらの情報は一般的なものであり、具体的な手術方法や注意事項は患者の状態や医師の判断により異なる可能性があります。したがって、具体的な手術を行う前には、必ず専門の医療機関で詳細な情報を得ることをお勧めします1342。また、手術後のケアについても医師の指示に従ってください3

マイボーム腺梗塞の除去とは?

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。