結膜炎・花粉症・ものもらい (結膜疾患)

[No.625] 結膜弛緩症、conjunctivochalasis とは

清澤のコメント:最近、高齢男性でこの結膜弛緩症の患者さんを診ました。ルイス・イグナシオ・ララザバルMDら著で、サラ・ブラウン・ワイスバート、MD2022411日に監修した記事を参考に結膜弛緩症をまとめます。なお、末尾に面白い漫画のついた日経メディカルの古い記事もつないでおきます。

ーーーーーーーー

結膜弛緩症 Conjunctivochalasis

結膜弛緩(conjunctivochalasis: CCH)は、通常の老化に続いて発生すると考えられている、緩く、冗長な結膜として定義されます。時々、CCHは無症候性である可能性があり、医師に見落とされることがあります。ただし、CCHは、眼表面の炎症や裂傷の原因となる可能性もあります。重症の場合、CCHは視力障害、粘液分泌、乾燥、眼の倦怠感、結膜下出血を引き起こす可能性もあります。CCHは通常両側性であり、一般的には耳側下の結膜に表れます。

疾患 Conjunctivochalasis 結膜弛緩症

病因;病因は不明ですが、年齢または眼の摩擦に関連している可能性があります。

危険因子:リスク要因には、年齢、眼の摩擦、眼表面疾患、アレルギー性結膜炎、乾燥眼、コンタクトレンズ装用、過敏症、瞼裂斑、UV曝露、まぶた障害、および甲状腺疾患が含まれます。

一般的な病理

病態生理:結膜弛緩症の病因は完全には解明されていません。

渡辺らは、 重度の結膜拡張症の患者から採取された39検体中4検体で結膜下顕微鏡的毛細血管拡張症を示し、炎症の証拠はありませんでした。彼らはまた、44検体で断片化された弾性繊維とコラーゲン繊維のまばらな集合体に注目しました。彼らは、下眼瞼と結膜の間の機械的な力がリンパの流れを徐々に損ない、リンパの拡張と臨床的に冗長な結膜をもたらすと結論付けました。

結膜円蓋の涙液貯留層は通常の状況下でメニスカスを急速に補充するため、結膜弛緩症の患者では、正常な涙液メニスカスの形成が損なわれ、結膜円蓋からの正常な涙液の動きが制限されると結論付けました。

一次予防:患者は、目の摩擦や紫外線への曝露を避け、根本的な眼の表面の問題を治療することができます。ただし、CCHは主に年齢に続いて発生するため、予防戦略は限られています。

診断、病歴:患者はしばしば、眼の不快感、異物感、乾燥、および裂傷の潜行性の発症ヲ話します。一部の患者は、ドライアイの治療を受けていますが、改善は限られます。

検査:細隙灯生体顕微鏡検査は、側頭、内側、または鼻の領域で下眼瞼縁を越えた結膜の脱出を明らかにします。

サイン:検査に表れる兆候には、特に眼瞼の下側頭領域でまぶたの縁と重なる緩んだ結膜が含まれます。また、まぶたを押して緩んだ結膜を上下に動かすことで、結膜を簡単に動かすことができます。

症状:症状の発症は潜行性である可能性があり、患者はドライアイまたは他の眼の表面状態と誤診される可能性があります。症状には、異物感、灼熱感、ドライアイ、不快感などがありしたがって不安定な涙液膜に起因します。

鑑別診断:ドライアイ症候群、シェーグレン症候群、マイボーム腺機能不全、眼瞼炎、アレルギー性結膜炎

管理

一般的な治療:管理は、各患者の重症度と症状に応じて個別化する必要があります。患者が無症候性である場合、治療は必要ありません。

保存的療法:軽度の症状は、局所潤滑、まばたき運動、局所抗ヒスタミン薬、および局所コルチコステロイドで対処できます。(清澤注記:固体または液体のコラーゲンプラグノ適応も考えられます。)

手術:外科的治療は、最も一般的には結膜切除を含み、典型的には、輪部の5mm後方の結膜の半月状部分です。結膜は、吸収性縫合糸またはフィブリン接着剤で閉じることができます。熱焼灼を行って、緩んだ結膜を締めることもできます。局所結膜下麻酔下で、冗長な結膜を鉗子で優しくつかみ、この冗長な結膜に熱焼灼(ジアテルミー)を適用して組織を収縮させます。

合併症:結膜弛緩症は、重度の場合、ドライアイの症状と痛みによって複雑になる可能性があります。

予後:適切な診断と治療により、予後は良好です。

眼の結膜が弛む「結膜弛緩症」

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。