結膜炎・花粉症・ものもらい (結膜疾患)

[No.2242] 瞼裂斑および瞼裂斑炎とは?

ピンゲキュラ(瞼裂班炎)は、目の白い部分の透明な膜に黄色い隆起物ができる状態で、太陽光、風、ほこりなどの影響を受けることが原因です。これは、通常、不快感や美容上の問題がない限り、治療を必要としない無害な状態です.

ピンゲキュリティス(瞼裂班炎)は、ピンゲキュラが炎症を起こし、目のかゆみ、灼熱感、目に異物感などのドライアイ症状を引き起こす状態です。保湿性の目薬を点眼するか、軽度のステロイド目薬を点眼することで、症状を緩和できます。ピンゲキュラが視界を遮るほど大きくなった場合は、手術が必要になることがありますが、これはまれです。

瞼裂班・ピンゲキュラとは

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。