緑内障

[No.910] 視野喪失の機械識別パターンと急速な進行との関連

清澤のコメント:Ophthalmologyの新しい論文:緑内障視野では―1.0dB/年より絶対値の大きな進行が速い視野劣化とされる。パターンとしては、専門家によれば、部分弓状、中心傍、および鼻のステップ欠陥が含まれ、機械で特定されたパターンには、側頭楔状、部分弓状、鼻ステップ、および中心傍の VF 欠陥が含まれたという。現在もVFIビジュアルフィールドインデクスはグラフ化されて印刷されるが、今後は危険なパターンを指摘するプログラムもハンフリー視野に標準的に搭載されるようになるのだろう。AI学習云々は眼科医にはどうでもよくて、上に示された危険なパターンを覚えておくことが必要であろう。

    ーーーアブストラクト引用ーーー

高眼圧症治療研究における視野喪失の機械識別パターンと急速な進行との関連

Machine-Identified Patterns of Visual Field Loss and an Association with Rapid Progression in the Ocular Hypertension Treatment Study

公開日: 2022 年 7 月 8 日DOI: https://doi.org/10.1016/j.ophtha.2022.07.001

目的:教師なし機械学習に基づいて視野 (VF) 損失のパターンを識別し、急速な進行に関連するパターンを識別します。

デザイン:横断的および縦断的研究。

参加者:176 人の高眼圧治療研究 (OHTS) 参加者の 205 の目からの合計 2231 の異常な VF が、約 16 年間にわたって追跡されました。

メソッド:視野は、教師なしの深い原型分析アルゴリズムと OHTS 認定の VF リーダーによって評価され、VF 喪失の一般的なパターンを特定しました。緑内障損傷の機械で特定されたパターンは、2003 年に OHTS で以前に特定された (専門家が特定した) パターンと比較されました。各眼の縦方向の VF に基づいて、急速な緑内障の進行と強く関連する VF 損失パターンが特定されました。

主な結果の測定:機械と専門家の対応と、急速な進行に関連する VF 損失のパターンのタイプ。

結果:緑内障への転換時の平均 VF 平均偏差 (MD) は -2.7 デシベル (dB) (標準偏差 [SD] = 2.4 dB) でしたが、最後の訪問時の眼の平均 MD は -5.2 dB (SD = 5.5 dB) でした。)205 眼中 50 眼の MD 率が -1 dB/年以下であり、急速な進行者と見なされました。VF 損失の 18 のマシンで識別されたパターンは、VF 損失の 13 のパターンが類似していた専門家によって識別されたパターンと比較されました。専門家が特定した最も一般的なパターンには、部分弓状、中心傍、および鼻のステップ欠陥が含まれ、最も一般的な機械で特定されたパターンには、側頭楔状、部分弓状、鼻ステップ、および中心傍の VF 欠陥が含まれていました。

結論:自動化された機械学習システムは、VF 損失のパターンを特定でき、緑内障患者の視覚障害の初期兆候と急速な進行を特徴付けるための客観的で再現可能な命名法を提供できます。

キーワード

  ーーー引用終了ーーーー

「緑内障」は中途失明の原因1位の病気だが…正しく知れば怖くない

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。