緑内障

[No.922] 緑内障における黄斑OCTおよびOCTAパラメータと視力との関連:論文紹介

清澤のコメント:緑内障眼のOCTとOCTAがその目の視力と同関連するかを詳しく論じています。結論で、いくつかの黄斑OCT/OCTAパラメータは、中程度から高度緑内障における視力VAと関連していたが、早期緑内障では関連していなかった。この論文の責任著者は緑内障のGLAUCOMACONTINUM図を発表している著名なロバート・N・ワインレブ教授です。
今回この論文には2021年に鈴木幸久が著した私も共著の論文も引用してもらえました。論点は似ているのですが、さすがにワインレブ論文はOCT/OCTAのパラメターを詳しく分析していると感じます。
  ーーー本日紹介する論文ーーー
緑内障における黄斑OCTおよびOCTAパラメータと視力との関連
    要約

    背景・目的:緑内障における黄斑の光コヒーレンス断層撮影(OCT)/OCT血管造影(OCTA)パラメータと視力(VA)との関連を調査する。

    方法;人工水晶体眼の一次開放隅角緑内障眼144眼を含めた。表在層および深層の中心窩(fVD)、傍中心窩(pf)、中心窩周囲(perifVD)および全画像血管密度(wiVD)、ならびにそれらに対応する神経節細胞複合体(GCC)の厚さは、OCTAの 6×6mmの黄斑スキャン画像から得られた。中心窩無血管帯(FAZ)面積、FAZ円周および中心窩密度−300(FD300)を測定した。早期および中程度進行の緑内障におけるOCT/OCTAパラメータと最小分解能視力対数視力(logMAR VA)の対数との間の相関関係は、年齢および信号強度指数調整混合モデルを用いて評価された。受容機能特性カーブ(AUC)の下の領域は、VAの低下(<20/25)に対するOCT/OCTAの識別力を評価するために使用した。

    結果:初期緑内障(80眼)では、VA(視力)と相関するパラメータはなかった。中等度進行緑内障(64眼)では、より大きなFAZ面積(β=0.228)および円周(β=0.063)は、より悪いVA(視力)(p<0.05)と相関したが、FD300とは相関しなかった。下半視野の中心窩周囲(perifVD)および全画像血管密度(wiVD)は下半視野の中心窩周囲(perifVD)および全画像血管密度(wiVD) を除いて、悪い視力VA(β=0.002-0.003、p<0.05)と関連していた。VDの場合、より低い上半視野の中心窩周囲(perifVD)および全画像血管密度(wiVD)(β=0.007-0.008)および深部fVD(β=0.004)は、より悪いVA(p<0.05)と相関していた。OCT/OCTAパラメータは、視力の低下を識別する能力が適度であり、上半視野は下半視野よりも良好に機能した。初期の緑内障では、GCCおよびVDは同様の差別を示した(AUC=0.67-0.77)。中等度進行緑内障では、fGCCおよびpfGCCは視力VD(AUC = 0.63-0.72)よりも高いAUC(0.75-0.81)を示した。

    結論:いくつかの黄斑OCT/OCTAパラメータは、中程度から高度緑内障における視力VAと関連していたが、早期緑内障では関連していなかった。これらの構造パラメータは、視力障害および生活の質の低下を伴う緑内障患者を特定するのに役立ち得る。

      ーーーー引用された鈴木論文ーーーー

    緑内障眼の視力は、OCTパラメータよりも視野パラメータとよりよく相関するVisual Acuity in Glaucomatous Eyes Correlates Better with Visual Field Parameters than with OCT Parameters

    Pages 1717-1723 Published online: 12 May 2021

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。