神経眼科

[No.633] アクアポリン4免疫反応性のパターン特異的喪失は、視神経脊髄炎と多発性硬化症を区別します:原著紹介

アクアポリン4免疫反応性のパターン特異的喪失は、視神経脊髄炎と多発性硬化症を区別します:原著紹介

 

清澤のコメント:Willis eye病院で行われた神経眼科の勉強会ではNMOSDの症例が紹介されました。そこでSergott先生はNMOがアストロサイト病でああってアストロサイトはその先端を血管に向けで出しており、髄鞘(ミエリン)は犯さない。一方、多発性硬化症(MS)はオリゴデンドロサイト病であって、これがやられれば脱髄で神経のアクソンを侵すと説明していました(上図参照)。そこで紹介されたのが次の論文です。多発性硬化症を研究されていた桑島治三郎先生が、「君は無頓着に視神経炎というが、多発性硬化症は脱髄であって、視神経の炎症ではない」と強くおっしゃっていたことの意味が少しわかった気がしました。(図は;https://www.annalsofian.org/article.asp?issn=0972-2327;year=2019;volume=22;issue=4;spage=389;epage=394;aulast=Kumawatから)

Brain2007 May;130(Pt 5):1194-205.

Pattern-specific loss of aquaporin-4 immunoreactivity distinguishes neuromyelitis optica from multiple sclerosis

Shanu F Roemer 1ほかDOI: 10.1093/brain/awl371

概要は:

視神経脊髄炎(NMO)は、通常、視神経と脊髄に影響を与える炎症性脱髄性疾患です。多発性硬化症(MS)との病原性の関係は不明です。MSとは異なりNMO病変は、肥厚したヒアリン化血管の周囲の血管中心パターンで補体活性化の産物と共局在するIgGおよびIgMの沈着を特徴とし、血管周囲腔の抗原を標的とする体液性免疫の病原性の役割を示唆しています。最近同定された特定の血清自己抗体バイオマーカーであるNMO-IgGは、アストロサイトの足突起に高度に集中しているCNSで最も豊富な水チャネルタンパク質であるアクアポリン-4AQP4)を標的としています。NMO患者9名、MS患者13名、梗塞患者9名、正常対照5名のCNS組織におけるAQP4免疫反応性のパターンを分析および比較しました。正常な脳、視神経、脊髄では、AQP4発現の分布は、NMO病変で観察される免疫複合体沈着の血管中心パターンに似ています。AQP4は病期依存性喪失を示します。MS病変とは対照的に、すべてのNMO病変は、脱髄活動の病期、組織壊死の程度、またはCNS関与部位に関係なく、AQP4の著しい喪失を示します。我々は、炎症性および浮腫性であるが、脱髄も壊死もしない、病巣におけるAQP4喪失を特徴とする、脊髄および延髄後部に広がる新規のNMO病変を同定した。AQP4喪失の病巣は、強力な血管中心性免疫複合体沈着の部位と一致しました。これらの発見は、NMO病変のイニシエーターとしてのAQP4特異的自己抗体を活性化する補体の役割を強く支持しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。