神経眼科

[No.851] 頸動脈エコードップラー後の網膜塞栓症:症例報告紹介

清澤のコメント:頚動脈ドップラー検査で目に血栓が飛んだという症例報告の引用文献に私たちの論文Shimizu, T., Kiyosawa, M., Miura, T. et al. Acute obstruction of the retinal and choroidal circulation as a complication of interventional angiography. Graefe’s Arch Clin Exp Ophthalmol 231, 43–47 (1993). https://doi.org/10.1007/BF01681700が引用してもらえました。残念ですがこれだけ古いとアブストラクトが見られません。

   ーーーーー

頸動脈エコードップラー後の網膜塞栓症:症例報告

RETINAL EMBOLIZATION AFTER CAROTID ECHO DOPPLER: A CASE REPORT

Marta, Ana MD; Abreu, Ana C. MD; Gonçalves, Nadine OD; Miranda, Vasco MD

Author Information
doi: 10.1097/ICB.0000000000001052

DOI: 10.1097/ICB.0000000000001052

目的: 

頸動脈ドップラー超音波検査 (CDU) 処置中に症候性の複数の網膜塞栓症の症例を報告する。

方法: 

臨床記録、眼底写真、網膜の光コヒーレンストモグラフィー血管造影、および大動脈上血管のコンピューター断層撮影血管造影で文書化された症例報告。

結果: 

60 歳の男性患者が、CDU 手術中に左目の突然の視力喪失と左上まぶたの痛みを訴えて救急科を受診しました。左眼では、最良の矯正視力は 20/200 であり、眼底観察により、網膜細動脈の減衰、チェリー ポイントを伴う網膜の白化、および中心網膜動脈のすべてのアーケードにおける複数の動脈内塞栓が明らかになりました。大動脈上血管のコンピュータ断層撮影血管造影では、左内頸動脈の頸部、錐体、および海綿状部分全体に充満がないことが明らかになり、眼科部分でのみ再開し、左外頸動脈の重大な狭窄が認められた。彼は左頸動脈内膜切除術を受ける兆候がなく、眼のマッサージと経口抗凝固薬を開始しました。4か月後、

結論: 

網膜動脈の塞栓性閉塞は、非常にまれですが、CDU に関連する深刻な合併症である可能性があり、患者と臨床医はそれを認識する必要があります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。