全身病と眼

[No.1529] ペントサン ポリサルフェート (PPS)黄斑症:

今日のウィリスアイホスピタル網膜のラウンド

① 症例1は、pentosan poriphosphate sodium:patchy macular atrophy.であった。

その要点は使用量に相関する。毎年モニターする必要があるという点。別文献で復習しておく

ペントサン ポリサルフェート (PPS) は、間質性膀胱炎に伴う膀胱痛の治療の主力です。

間質性膀胱炎は、骨盤痛および頻尿または尿意切迫を引き起こす慢性膀胱障害であり、成人女性の推定有病率は 2.7% ~ 6.5% 。ポリ硫酸ペントサンは膀胱上皮を刺激物から緩衝する可能性がある。通常、100 mg を 1 日 3 回経口投与します。

黄斑症は PPS の使用期間が長いことに関連している

(文献PPS 治療歴のある 50 人の患者の横断研究では、15% ~ 20% が正式な網膜イメージングで黄斑毒性の証拠を示したことがわかりました。

PPS による黄斑症は、加齢黄斑変性症になる可能性がある

PPS 黄斑症の患者は、加齢黄斑変性症などのより一般的な状態の診断を受けることがよくあります。

PPSの中止後も黄斑疾患が進行する可能性があります

病因には、光受容体を取り囲む細胞外マトリックスの破壊または網膜色素上皮への直接毒性が含まれます。薬物の中止によって疾患の経過が変化するかどうかは不明のままです。症例シリーズでは、PPS の中止後最大 6 年間、進行性黄斑症が報告されています。

視力障害を報告するPPSにさらされた患者は、眼科スクリーニングを受ける必要があります

PPS の処方者とプライマリ ケア提供者は、泌尿器科学会がそのようなスクリーニングを提案していることを認識しておく必要があります

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。