コンタクトレンズ・眼鏡処方

[No.2728] オルソケラトロジーは角膜上皮再形成で近視矯正をします:

私費診療ですが、此のところ、スポーツをするなどといった小中学生の患者さんでオルソケラトロジーを試す目的での来院患者さんが増えています。

そこで、今日は、オルソケラトロジーにおける角膜再形成(corneal reforming)というその特異的な作用機序に注目して説明をします。(上のビデオの内容は末尾に採録してあります)

オルソケラトロジー (オルソ K) は、特別に設計されたガス透過性コンタクト レンズを使用して、眼球の透明な前面である角膜を一時的に再形成し、近視、遠視、乱視などの屈折異常を軽減する非外科的処置です。オルソケラトロジーにおける角膜再形成プロセスは、次のようになります。

 

 角膜再形成のメカニズム: レンズの設計と素材: オルソ K レンズは、酸素透過性の高い素材で作られており、夜間の安全な装着が可能です。これらのレンズは、角膜に穏やかな圧力をかける特定の形状で設計されています。

用途: 患者はオルソ K レンズを夜間に装着します。睡眠中、レンズは角膜の最外層である角膜上皮に制御された量の圧力をかけます。

 角膜細胞の再配置: レンズからの圧力により、上皮細胞が再配置されます。角膜の中央部分は平らになり、中間周辺領域はわずかに急勾配になります。この再形成により、光線が目に入る方法が変わり、光線が網膜に正しく焦点を合わせられるようになり、視力が向上します。

 一時的な効果: 再形成効果は一時的なものです。朝にレンズを外すと、患者は眼鏡や日中用コンタクトレンズを必要とせずに、一日中クリアな視界を楽しむことができます。ただし、角膜は通常 24 48 時間以内に徐々に元の形状に戻るため、望ましい視力矯正を維持するには、レンズを定期的に (通常は毎晩) 装着する必要があります。

 オルソケラトロジーの利点

 非外科的: オルソケラトロジーは、非侵襲的なオプションを希望する患者にとって、LASIK などの屈折矯正手術の代替手段となります。

 可逆性: オルソケラトロジーの効果は可逆的であるため、目がまだ発達中の子供や若者にとって特に魅力的です。

 近視のコントロール: 研究により、オルソケラトロジーは子供の近視の進行を遅らせることができることが示されており、小児近視の管理に有用なツールとなっています。

 日中の自由: 患者は日中、メガネやコンタクトレンズを必要とせずにクリアな視界を体験できるため、スポーツやその他の活動に有益です。

 フィッティング プロセス

 最初の相談と検査: 眼科医は、角膜の形状をマッピングするために、角膜トポグラフィーを含む包括的な眼科検査を実施します。

 レンズの選択とフィッティング: 角膜トポグラフィーと屈折異常に基づいて、眼科医は適切なオルソケラトロジー レンズを選択してフィッティングします。

 試用期間: 患者は試用期間にレンズを一晩装着し、眼科医は角膜の再形成と視力を監視します。

 定期的なフォローアップ: レンズが正しくフィットし、角膜の整形が効果的かつ安全であることを確認するには、定期的なフォローアップ訪問が不可欠です。

 オルソケラトロジーは、視力矯正と近視の抑制に独自の効果的なアプローチを提供するため、多くの患者、特に子供や活動的なライフスタイルを送る人々にとって魅力的な選択肢となっています。

ーーーーー

上の動画は上記の内容を説明する分かり易い、イリノイの眼科医が作ったビデオです。

https://youtu.be/Iptpn018d2E?si=U7jmpfTdLpU1zbM9

この要点は以下の通り:

角膜成形(モールディング)

 角膜モールディング(成形)は、軽度から中程度の近視や乱視に悩む人々のための非外科的治療オプションです。角膜成形は、多くの人にとってレーザー視力矯正の正当な代替手段となります。この方法では、角膜の表面の形状を変え、眼鏡や通常のコンタクトレンズの必要性を減らすために処方される特別に設計されたコンタクトレンズを使用します。角膜成形(モールディング)治療には、ガス透過性コンタクトレンズを使用して一時的に角膜の形状を成形することで角膜の曲率を変更することが含まれます。レンズの中央部分は標準のコンタクト レンズよりも目の近くにフィットします。レンズの外側部分に軽い圧力をかけると中心部分を囲む範囲は、角膜から離れて角膜の形状と角膜の曲率を変えることで角膜が変形する余地ができます。

この治療により網膜に光が再び焦点を合わせて、より鮮明な視界が得られます。角膜成形は完全に可逆的で非侵襲的です。成形レンズの着用をやめると角膜は過去の元の形状に戻ります。唯一のFDA が承認した角膜成形システムは日中に装着され、非常に安全で効果的であることが証明されました。最近、FDA は最新の角膜成形技術を承認しました。これは目に機能し歯科用リテーナーが歯に機能するのと同様にメガネやコンタクトレンズなしの生活を現実にします。

直ぐに、眼科医に相談し角膜成形があなたに適しているかどうかを確認してくださいーーーとビデオは解説しています。

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。