社会・経済

[No.2732] 【エミン・ユルマズ×朝倉慶】日本の金融政策は”舐めている/「秩序崩壊」のXデー迫る

お金がすべてではないが大規模でコントロールできないインフレが日本で始まっている。

   ―――――――

【エミン・ユルマズ×朝倉慶】日本の金融政策は舐めている/「秩序崩壊」のXデー迫る/新NISAは日本株に限定すべきだった/個人投資家にいま伝えたいこと《スペシャル対談:後編》

https://youtu.be/tSqHYqmazZk?si=louaaJnbTBLnPv34

と指摘。

日本の歴史を振り返ると、秩序が崩壊したときに大きな発展を遂げた時期があり、現在もまたそのような変革期にあると述べている。

NISA制度は日本株に限定するべきだったとし、日本からの資本逃避のリスクが高まると警告。

日本人はインフレマインドに切り替え、お金について学び、混乱期を乗り越えるための準備が必要だと強調。

混乱期はチャンスでもあり、ダイナミックな時代を楽しみながら生き抜くことが重要だと述べている。

    ーーーーーーーーーー

このビデオでは、エミン・ユルマズ氏が日本株の上昇の背景と今後の見通しについて解説しています。彼は、日本企業のファンダメンタルズの改善、株主重視のスタンスの変化、米中対立の影響などを挙げています。また、長期的なスーパーサイクルについても言及し、2053年までの日本株の上昇を予測しています。

Highlights:

  • 00:003 日本株の上昇の背景
    • 日本企業のファンダメンタルズの改善
    • 株主重視のスタンスの変化
    • 米中対立の影響
  • 04:004 自社株買いの増加
    • 年間9兆円近くの自社株買い
    • 株価上昇の要因
    • 株主重視のスタンスの変化
  • 06:005 米中対立の影響
    • グローバル資本の中国からの撤退
    • 日本株への追い風
    • 新冷戦の影響
  • 12:006 日本のデフレからインフレへの転換
    • 賃金上昇圧力の増加
    • 投資への関心の高まり
    • 日本人の資産運用の変化
  • 15:007 日本株のスーパーサイクル
    • 40年上昇、23年調整のサイクル
    • 2053年までの上昇予測
    • 長期的な見通し
    • ーーーーーーーーーー

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。