ご近所の話題

[No.2486] キツすぎ中間管理職をさらに追い詰める「職場の三重苦」の絶望:記事紹介

清澤のコメント:この記事は現在の世相を良く説明していると思います。大病院でも、残業をさせられなくなってきており、管理職が当直をするなど管理職へのしわ寄せがきているように感じます。韓国で続いている研修医の逃散も、政府が数を増やすことで医師の劣悪な雇用状態を維持して医療を従来のまま回そうとしているのが根本原因ですから、似た構造かと思われます。

  ーーーーーーー

日本の中間管理職が直面している「職場の三重苦」について詳しく説明している。もう限界!キツすぎ中間管理職をさらに追い詰める「職場の三重苦」の絶望、という記事(⇒リンク)

  • 時間管理の厳格化:健康とワークライフバランスを保護する目的で導入されたが、管理職にとっては業務遂行における大きな制約となっている。
  • 人手不足と人材育成の難しさ:企業全体に影響を及ぼし、特に現場の業務において人材不足がボトルネックとなっている。
  • ハラスメント防止の強化:職場環境の改善には必要だが、管理職にとっては負荷増となり、適切な指導とプレッシャーのかけ方に葛藤を生んでいる。
  • 下請け企業の仕事断り:三重苦の影響を受け、大手企業からの要望を断ることが増えている。

これらの問題に対処するために、経営側は管理職の負担を軽減し、現場の対応力を維持するための新たな戦略を立てる必要があると提言しています。

 

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。