ご近所の話題

[No.2737] アバカンサスが今年も道端に咲く夏の季節になりました。

今年も道端に路地植えのアガパンサスが咲く季節になりました。皆水菜町駅前でも高円寺(左が私の撮影した写真、右はAIのイメージ図)でも炉端に植えられています。今日は自由が丘で店頭の鉢植に漬けられたタッグでその名前を正しく知りました。(私は、アーカンサスと混同していました。)
彼岸花(曼殊沙華)という葉が無くて花茎だけが立ち上がる赤い花(下の図)がありますが、科名を見ますとその仲間だったのですね。彼岸花にはうら悲しい童謡が作られています。
 

アバガンサスの特徴や花言葉、その他の知識を記載してみましょう。

特徴

  • 学名: Agapanthus
  • 科名: ヒガンバナ科
  • 原産地: 南アフリカ
  • 花期: 夏(6月から8月)
  • 花色: 青紫色、白
  • 高さ: 60cmから1m程度
  • : 緑色で細長い

花言葉

  • 「愛の訪れ」
  • 「恋の便り」
  • 「知的な装い」

その他の知識

  • アガパンサスは耐寒性があり、日本の気候でも比較的育てやすい植物です。
  • 土壌は水はけの良い場所を好みます。
  • 直射日光を好むため、日当たりの良い場所に植えると良いです。
  • 夏の間、定期的に水やりを行うことが重要です。
  • ーーーーーー
  • アガパンサス(Agapanthus)自体は特に目の健康や眼科の分野と直接関係がある植物ではありません。ただし、無理やり上げれば:植物がもたらす精神的・心理的な効果や、自然の景観が目の健康に与える影響について考えると、いくつかの興味深い関連性が見つかるかもしれません。

    自然環境と目の健康

    1. 自然の視覚効果:

      • アガパンサスのような美しい植物や花を鑑賞することは、視覚的なリラクゼーションを提供し、目の疲労を軽減する可能性があります。特に長時間のデジタルデバイス使用後には、自然の風景を見ることが目のストレスを軽減する一助となります。
    2. 戸外活動の促進:

      • 戸外での活動は近視の進行を遅らせる効果があるとされています。アガパンサスの咲く庭や公園での散歩は、子供たちにとっても大人にとっても良い効果が期待できます。自然の中で過ごす時間を増やすことで、目の健康が改善される可能性があります。
    3. 色彩療法:

      • アガパンサスの青や紫の花は、リラックス効果をもたらすと言われています。目の疲れやストレスを軽減するために、自然の色彩を取り入れることが有益です。
    4. ガーデニングと精神的健康:

      • ガーデニング自体がストレス解消や精神的健康に寄与し、それが間接的に目の健康にも良い影響を与える可能性があります。リラックスした状態は、目の緊張を和らげる助けとなります。
メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。