ご近所の話題

[No.766] 従来の60歳は新しい50歳ですか?:論文紹介

清澤のコメント:東京都医師会雑誌2022年7月号に「始皇帝の夢愚民の諦め」という大橋誠氏の随筆が掲載されていて、「はじめに」では「見かけ、風采だけでなく、行動の性向や日常生活の状況なども含めて考えても、現在の70歳代の人々はかつてより10歳以上若いように思える。実は日本だけでなくアメリカでも20年前と比べて老化のスピードがスローダウンしていると報告されている」という記述がある。

 自分が60歳台終盤に差し掛かっていることを思えば、この記載は重大です。私相当の年齢の人の健康余命はおよそ5ー8年程度のようです。原著に戻って眺めてみました。

  ―――アブストラクトと序文抜粋―――

Levine ME, Crimmins EM. Is 60 the New 50? Examining Changes in Biological Age Over the Past Two Decades. Demography. 2018 Apr;55(2):387-402. doi: 10.1007/s13524-017-0644-5.

60歳は新しい50歳ですか?過去20年間の生物学的年齢の変化の調査

概要

平均余命の延長は、人口の健康を改善すると解釈されてきました。しかし、死亡率は必ずしも老化のペースの信頼できる代用ではなく、代わりに病気の人々を生かし続けることの達成を反映している可能性があります。NHANES III1988–1994)およびNHANES IV2007–2010)のデータを使用して、変更可能な健康行動の変化の寄与を推定しなが​​ら、1988年から2010年の間に米国で生物学的年齢が年代順の年齢と比較してどのように変化したかを調べました。 結果は、生物学的年齢が最近の期間では低いことを示唆しています。ただし、改善の程度は年齢や性別によって異なります。全体として、高齢者は生物学的年齢の最大の改善または減少を経験しました。男性、特に最年少および最年長のグループの男性は、女性よりも生物学的年齢の大幅な低下を経験しました。これらの違いは、喫煙、肥満、薬の使用など、年齢や性別による行動の変化によって部分的に説明されました。老化のペースを遅くすることは、平均余命を延ばすこととともに、重要な社会的および経済的影響を及ぼします。したがって、健康と老化のコホートの違いに寄与する修正可能な危険因子を特定することが不可欠です。

  ――――――――

序文から抜粋:65歳までに、米国の男性の平均余命は約17.0年になると予測されています。しかし、それらの年のうち8.1年だけを無病で過ごしています。同様の傾向は、65歳で平均余命が19.7歳で、そのうち11.3歳が無病である米国の女性にも示されています。罹患率の圧縮として知られている現象によって示唆されているように、人間が最大の寿命を持っている場合、老化速度を遅くすると、生存曲線の長方形化が生成されます。さらに、人間の老化プロセスの減速は、環境または生物医学的介入によって達成されるかどうかにかかわらず、老化に関連する疾患および障害の発生のタイミングを寿命の終わりに近づけるでしょう。――――

人口内の寿命の延長が老化の速度を遅くすることを伴うかどうか(したがって、罹患率の圧縮につながるかどうか)は、大きな経済的影響を与える可能性があります。健康状態が悪いことと相まって、米国の人口の平均余命が長くなると、メディケアや社会保障などの年齢に基づく国の資格プログラムに対する財政的負担が増える可能性があります。ーーーーー

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。