ご近所の話題

[No.1024] 視覚的遠近感は、不健康的な食べ物を見ることと関連する脳活動を調整する

清澤のコメント:「Appetite:食欲」という雑誌に、健康的な食品の画像が消費者の食欲をそそるかどうか?という論文が出ています。十分には理解できませんが、「高カロリーの不健康な食品は、自分が食べる視点の映像ではなくて、人が食べるのを見る視点でのCMを作って見せる方が売れる」と言っているのでしょうか?ファンクショナルMRI実験の抄録を採録してみます。どのように宣伝すれば、「食品が売れるか」というマーケッティングの分野を論じているようです。Journal’s Impact IF of Appetite : 3.868

   ーーーーーーー

ひと目での味覚: 視覚的遠近感は、健康的ではなくて不健康的な食べ物を見ることと暗示的に関連する脳活動を調整する

https://doi.org/10.1016/j.appet.2018.06.009

概要

毎日、人々は食欲をそそる食べ物の画像にさらされており、それらは高カロリー摂取につながり、過体重や肥満の一因となる可能性があります. 研究によると、食事を見る視覚的な視点を操作すると、不健康な食品の評価が変わり、誘惑に抵抗するのに役立ちます。ただし、この効果の神経基盤は、神経画像法を使用しては、まだ調べられていません. さらに、人々、特に太りすぎの人が自分で食べることを想像するように明示的に求められていない場合に、この戦略の利点が観察できるかどうかは不明です. 最後に、視覚的な視点が健康食品を宣伝するために使用できるかどうかはまだ調査されていません. この研究では、カメラの角度を操作し、参加者が機能的磁気共鳴イメージング (fMRI) 中に皿から (不健康または健康的な) 食品をつかむ手が特徴であるビデオを見ながら、視覚的な視点が味と報酬の処理に関連する脳領域の活動を調節するかどうかをテストしました。プレートは、参加者の視点 (一人称視点; 1PP)、または他の誰かが食べているのを見ているかのように正面から撮影されました (三人称視点; 3PP)。私たちの調査結果は、1PP一人称視点で (対. 3PP) は、好意的な (食欲) 経験 (扁桃体) および食物摂取 (上頭頂回) の表現の根底にある脳領域の活動を増加させます。さらに、我々の結果は、腹側線条体活動が1PP(対3PP)からの不健康な食品への曝露中のボディマス指数(BMI)と正の相関があることを示しています。これらの調査結果は、特に太りすぎの人々の間では、シミュレートされた消費に関連する影響を弱めるために、不健康な食品は第三者(ビデオ)画像を通じて宣伝する必要があることを示唆しています.。しかし、視覚的な視点を操作しても、健康食品の認識を高めることはできないようです。したがって、それらのプロモーションには補完的な別のソリューションが必要です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。