自由が丘 清澤眼科について

[No.1744] 自由ヶ丘清澤眼科 今日の話題は:2023年6月2日(金曜日)

◎ 今日は久方ぶりの本格的な雨。梅雨入りも案外近いかもしれません。路傍のアジサイ(高円寺桃園川緑道公園)が次々に花開いています。赤い花は無花果(イチジク)。

◎ 最新の鈴木幸久先生が筆頭著者の糖尿病論文を日刊ゲンダイで紹介していただきました、

糖尿病で腎臓が悪くなったら眼科医の受診を検討すべし…欧米の生物医学専門紙に掲載

◎ 今までキサラタンを使ってみていた患者さんの点眼を強化するためにザラカムに変えました。元がしっかりしているので、この改変はしやすいです。

キサラタンとザラカムの違いは?

◎ 室町時代に文字を読み、また書ける人が増えてくると、「自らの権威付け」に剣術使い、忍者、工芸作家など免許のようなものを作ることが流行ったそうです。

始祖万事万三郎:山達根本の巻について

◎ マイナカードをめぐるトラブルが報じられています。

マイナ巡るトラブル、医師から不安と憤り 「現場で頑張れと精神論」

◎ 眼科虎の巻:眼科診療in your pocket:

眼科診療・改訂第6版 in your pocketをいただきました。

◎ 、Tolosa-Hunt syndromeolosa-Hunt syndrome)とは?痛みを伴い、動眼神経などの麻痺を示す疾患。画像診断で確定できないときには治療的診断としてステロイドの経口投与も行われます。次の眼痛というキーワードで考えてもらっても良いです。肥厚性硬膜炎であれば、脳硬膜がMRIでエンハンスされるでしょう。

トロサハント症候群とは

◎ 慢性的な目の痛み(眼痛)および頭痛に使える内服剤は?と考えてみました。もちろん、見落としの無い様に、原因疾患を丁寧に探すことが重要です。眼痛の分類はこの記事からリンクしてあります。

慢性的な目の痛み(眼痛)及び頭痛に使える内服薬剤は?(浅見医師が選んだもの)

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。