眼科検診

ハバナ症候群の眼症状は?ハバナ症候群とは

1)キューバに派遣された外交官の視覚症状とは
キューバのハバナにいるアメリカの外交官が、神経外傷に特徴的な一連の症状に苦しむようになった経緯は、2016年と2017年に最初に報告されたときと同じように、今日でも謎のままです。しかし、「ハバナ症候群」患者のコホートに関する最初の包括的な臨床研究は終了しました。それらの眼球運動および他の神経学的症状は、確立された診断の症状、すなわち持続性の脳震盪に非常によく似ていること。
ペンシルベニア大学の脳損傷および修復センターによって集められた専門家のチームは、評価、治療、およびリハビリテーションのために米国国務省によって紹介された21人の外交官(平均年齢、43歳)の広範な検査の後にこの結論に達しました。
「驚いたことに、チームの多くの人は、頭に衝撃を与えたことがない人が脳震盪に似た症状を示す可能性があることに少し懐疑的でしたが、学際的なパネルの各メンバーは、これらの症状が本当にあると感じました。フィラデルフィアにあるセンターを率いるダグラスH.スミス医学博士は言った。
何が原因ですか?21人の外交官のうち18人は、症状が始まったときと同じように、純粋で持続的な音色で、局所的で非常に大きな音が聞こえたと医師に話しました。ほとんどの患者は、音が圧力のようなまたは振動する感覚刺激を伴うことも報告しました。
視覚症状。フィラデルフィアセンターでの検査は、曝露後平均203日(範囲、3-331日)に開始されました。
スミス博士は、認知障害があることに加えて、患者は持続性脳震盪で見られるものと同様の一連の眼球運動および視覚の問題を示したと述べた。これらの症状には、輻輳不全が含まれていました(n = 11、52%)。異常な滑動性追跡運動(n = 11、52%); 衝動性眼球運動障害(n = 10、47%); 前庭動眼反射の障害(n = 15、71%)。さらに、患者は光過敏症を訴えました(n = 13、62%)。読みにくい(n = 12、57%); 眼精疲労(n = 11、52%)、特に読書に関連した、頭痛、不均衡、および吐き気に関連しています。
リハビリの必要性。患者の大多数は、症状が治まるために、動眼神経評価を専門とする専門家を含む複数のリハビリテーション専門家による介入を必要としていました。「古典的な脳震盪の患者とは対照的に、ほとんどのハバナ症候群患者は、リハビリテーションが開始されるまで、数ヶ月間持続する有意な障害を示しました[そして彼らは経験しました]有意な改善はありませんでした」と研究者は書いた。
次は何ですか?スミス博士によると、音の起源と、患者の脳が損傷した明らかに一致するメカニズムは不明のままです。ニューロイメージングは21人の患者全員に実施され、そのうち18人は通常の範囲内で従来の所見を示しました。他の3つの調査結果は非特異的でした。したがって、研究者たちは、ハバナ症候群のさまざまな症状の原因となる可能性のある脳の構造的および機能的変化を探すために、高度な神経画像技術を使用することを望んでいると彼は述べた。
視覚系の軸索のネットワークは、シリアル通信を妨害する怪我に特に敏感であると彼は指摘した。「したがって、たとえば、視線追跡では、毎秒100メートルで正しく連携するために非常に複雑な脳のシステムが必要です。各ノードで情報を処理して送信する必要があり、最後に筋肉が目を前後に動かして動きを追跡できるようになります。」
—リンダローチ
1 Swanson RL II etal。JAMA。2018; 319(11):1125-1133。
②:
ハバナ症候群が世界のニュースになっている。ウィキペディアによれば、ハバナ症候群(Havana syndrome)とは、2016年以降、在キューバアメリカ大使館およびカナダ大使館、在中国アメリカ領事館職員の間で発生した一連の頭痛等の症状の通称。音響や電磁波兵器による意図的な攻撃とも推測されるが、真相は不明。
概要
ハバナ症候群は、最初はキューバの首都ハバナで、その後は中国で報告された。2017年8月、報告書は在キューバのアメリカとカナダの外交官が原因不明の頭痛、めまい、耳鳴りなどのさまざまな健康上の問題を抱えていることを明らかにした。そして、これらの症状が不特定の技術を使用した攻撃の結果であり、おそらく音波を使用した「音響攻撃」ではないかと告発した。
キューバ政府は攻撃の関与を否定したが、2017年8月、レックス・ティラーソン国務長官は「キューバ当局は犯人を捜す責任がある」と述べた。また、第三国の関与の疑いから、捜査当局が調査を開始した。アメリカは対策として在キューバ大使館の職員を最小限に減らし、同年10月、ドナルド・トランプ大統領は、キューバが攻撃の責任を負っていると主張した。
2021年5月、ヨーロッパやアジア(中国以外)でも新たに被害が確認され、全ての被害者の数は130人以上に上ると『ニューヨーク・タイムズ』は報じた。コロンビアのアメリカ大使館で働く職員や家族らも被害を訴えており、バイデン政権が調査を続けている。10月8日にはジョー・バイデン大統領がハバナ症候群の被害者を支援する法案に署名をした。
キューバでは、外交官たちの健康上の問題は突然に発生した。異なった方向から聞こえてくる奇妙な擦れる音などの現象、幾人かは大きな耳鳴りや震えなどの感覚を経験した。これらの攻撃の持続時間は20秒から30分の範囲で、外交官たちが自宅やホテルの部屋にいる間に常に起こった。
2020年、米国科学アカデミーは外交官たちの原因不明の体調不良について、マイクロ波攻撃の可能性が高いと報告書で明らかにした。
ハバナで米国大使館の一部の職員が聞いた音の記録:波形(サムネイル画像)そのスペクトル:ピークは7kHz

アメリカ合衆国の外交官への影響:罹患者は聴覚障害、記憶喪失、および悪心などの症状を説明した。考えられる原因として超低周波を指摘、音響兵器やマイクロ波兵器を中心とした推測をしている研究者もいる。
カナダの外交官への影響2018年3月、ピッツバーグの主任神経科医による不特定多数のカナダの外交官によるMRIスキャンおよびその他の検査で、米国の一部の対応者が直面していた傷害を反映した脳損傷の証拠が示された。 2019年、カナダ連邦政府は、カナダの外交官とその家族がハバナで直面していた深刻な健康上の懸念に迅速に対処していなかったという主張に基づく2800万ドルの訴訟を、5名の外交官から受けた。これらの申し立てのいずれも法廷で証明されていない。
中国:2018年初頭、キューバで報告されたものと同様の告発が、中国のアメリカ領事館職員によって報告され始めた。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。