角膜疾患

[No.1680] コンタクトレンズ装用者の角膜生体染色検査とは:

コンタクトレンズ使用者が眼が痛いというときには、角膜のフルオレセイン染色をして青い光を当て、角膜の傷が緑に見える事で傷を見ます。これを角膜生体染色検査と呼びます。フルオレセインは角膜の損傷部分を一時的に染色し、他の方法では見えない損傷部分を見ることを可能にします。

治療薬は原因によって異なります。ウイルスが原因の場合、単純ヘルペスウイルス感染または眼部帯状疱疹(帯状疱疹)を除き、特に治療は必要なく、多くの場合3週間以内に治ります。細菌感染症またはコンタクトレンズの長期使用が原因の場合は、抗菌薬を使用し、コンタクトレンズの装用を一時的に中止します。ドライアイが原因の場合は、軟膏や人工涙液が効果的です。人工涙液は、本物の涙を模した物質、または人の涙に加えるとより多くの水分で目を覆う物質で調製された目薬です。紫外線にさらされたこと(電気溶接を直視したり、スキー場での雪目)が原因の場合は、抗菌薬の軟膏、瞳孔を散大させる点眼薬で症状を軽減できます。薬剤への反応または点眼薬へのアレルギーが原因の場合は、その薬剤や点眼薬の使用を中止する必要があります。

表在性点状角膜炎:

 

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。