眼瞼痙攣

[No.306] 眼瞼けいれん治療として探索された大麻、レアード・ハリソンの記事紹介

清澤のコメント:現在、眼瞼痙攣ないし片側顔面けいれんにはボツリヌスA毒素の眼輪筋への注射が行われます。しかしそのすべてに十分な効果が得られるわけではなく、保険適応外ですが、リボトリールやアーテンなどの内服、そして抑肝散加陳皮半夏などの漢方薬も用いられています。何か新しい治療法がない物かと、ネットを渉猟しておりましたらカンナビノイド(大麻)の成分を舌下に投与するという発表が引用されていました。現在の日本ではそれを試すこともできませんし、私もこの治療法に賛成なわけではありませんが、知識としてこのブログに採録しておきます。

ーーーーー記事の引用ーーーーー

2021年11月11日
大麻油は、良性の原発性眼瞼けいれんによって引き起こされるけいれんの期間と頻度を減らす可能性がある、と研究者は言います。

イスラエルのラマトガンにあるシェバ医療センターの眼形成外科医であるオフィラ・ズロト医学博士は、この治療はすでにボツリヌス毒素注射を受けた患者の二次治療として役立つ可能性があると述べた。

「それが私たちの患者にとって励みになることを願っています」と彼女はMedscapeMedicalNewsに語った。 「これらの可哀そうな患者は、ボトックスの注射を受けるために2か月ごとに来ます。ボトックスは、目と額全体に痛みを伴う注射を行います。時には、それから何の救済も得られません。」

彼女は、米国眼科プラスチックおよび再建外科学会(ASOPRS)2021年秋の科学シンポジウムでこの発見を発表しました。

眼瞼けいれんは無効にすることができます。ボツリヌス毒素注射の助けがない患者は、抗コリン作用薬などの薬を試すことができますが、これらは通常、効果が限られており、副作用が生じる可能性があります。手術も通常は失敗に終わるすとズロト氏は語った。

良性原発性眼瞼けいれんの原因はよくわかっていませんが、それはジストニアのカテゴリーに分類されます。そして、大麻は他の種類のジストニアの治療法として以前の試験である程度の成功を示した、とズロト医師は言った。

それが眼瞼けいれんに効くかどうかを確かめるために、彼女と彼女の同僚は、ボツリヌス毒素による治​​療に失敗し、それ以外は健康であった患者を募集しました。彼らは、3人の患者を大麻油滴を服用するようにランダムに割り当て、3人の患者を舌の下でプラセボを服用するように割り当てました。

Tikun Olamによって製造されたErezブランドのチンキ剤オイルドロップには、3%のテトラヒドロカンナビノール(THC)と0.1%のカンナビジオール(CBD)が含まれています。 THCは、他の形態のジストニアに利益をもたらすと思われる大麻の成分ですとズロト氏は述べています。プラセボは、大麻を含まない油で構成されていました。

研究者らは、最適な効果と忍容性を達成するために、各患者の大麻投与量を徐々に増やしました。

最初の6週間のけいれん発作の平均持続時間は、治療群で4分14秒、プラセボ群で73分54秒であり、統計的に有意な差でした(P <.01)。

さらに6週間、研究者は両方のグループに大麻油を提供しました。元の治療群は平均6.27滴を使用し、前者のプラセボ群は平均5.36滴を使用しましたが、この差は統計的に有意ではありませんでした(P = .478)。治療群では61のけいれんイベントがあり、プラセボ群では94のけいれんイベントがあり、統計的有意性の境界にありました(P = .05)。けいれん発作の平均持続時間は、元の治療群で1分46秒、前のプラセボ群で8分57秒であり、有意に異なっていました(P <.01)。

「自分のことを考えると、けいれんの発作が60回あるのに対し、けいれんの発作が90回あるとすると、それは多きな差です」とズロト氏は述べています。これらの結果は、最初の6週間からの影響が次の6週間まで続いたことを示唆していると彼女は述べました。

副作用は軽度でした。治療群には、全身倦怠感、口渇、不眠症が含まれていました。プラセボグループもいくつかの同様の症状を報告し、大麻の娯楽的使用に関連する精神活性効果を経験したと報告した患者はいなかったとズロト氏は述べました。

研究者らは現在、このパイロット研究を片側顔面ジストニアと眼瞼けいれんを含む多施設治験に拡大しています。

「これらの滴をボツリヌス毒素と組み合わせて使用​​すると、非常に印象的な結果が得られるようです」と、テキサス州ヒューストンのベイラー医科大学の眼形成外科医で眼科教授のMichael Yen、MDは、Medscape MedicalNewsとのインタビューで述べました。 「そして、それは患者にまぶたのけいれんのより良い制御を与えるために他の二次または三次治療の使用を軽減するかもしれません。私たちにはおそらく最終的に手術に移る患者がいます。大麻でこの治療を追加することによって手術を回避することができれば、私は確かにこれらの患者の全体的な罹患率を減らすことができると思います。」

研究に関与しなかったYenは、臨床医が調査結果に自信を持つことができる前に、試験は他の人によって確認されるべきであると警告しました。

Zloto医師とYen医師は、関連する金銭的関係を開示していません。

American Society of Ophthalmic Plastic& Reconstructive Surgery(ASOPRS)2021 Fall Scientific Symposium。 2021年11月11日発表。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。