眼瞼痙攣

[No.958] 「眼瞼痙攣 – レビューとアップデート。種類と症状」:江本と共著の総説紹介

清澤のコメント:「眼瞼痙攣 – レビューとアップデート。種類と症状」という江本博文の記載した総説の英文要旨が、獣医学の雑誌に引用されました。今読み返してみても、江本博文の総説は、合理的な分類の説明であり、解説になっていると思います。(図は自由が丘女神通りのショ-ウインドー、清澤が撮影)
引用部分は:肉眼的および顕微鏡的病変は、症例の臨床的進展を説明することができます:眼瞼痙攣は、大脳基底核および中脳上部の病変に起因し、橋および小脳の損傷により、協調運動障害、嘔吐、および呼吸停止が生じました。(江本ら、2011). …出典は:頭蓋内退形成性エペンディモマの犬の眼科的および神経学的症状。ケースレポート 2021年9月 C.フェラズか。
江本論文の概要
本態性眼瞼痙攣 (EB) は、まぶたの不随意閉鎖を特徴とする一般的な焦点性ジストニアの一種です。本態性眼瞼痙攣 (EB) はまれな疾患であると考えられていましたが、ボツリヌス毒素の臨床使用と宣伝の増加の結果として、より認識されるようになりました。眼瞼痙攣は 3 つのグループに分類できます。本質的、二次的、および薬物誘発性眼瞼痙攣。本態性眼瞼痙攣は、原因不明の最も一般的な形態です。症候性眼瞼けいれんは、ウィルソン病、パーキンソン病、進行性核上性麻痺などの中枢神経系障害の結果として発生することが知られています。大脳基底核と中脳上部の病変(脳卒中、多発性硬化症、腫瘍、水頭症)が眼瞼痙攣で報告されることはめったにありません。薬物性眼瞼痙攣 (DIB:rug induced blepharospasm) は、神経弛緩薬、ドーパミン作動薬、抗ヒスタミン薬、カルシウム チャネル遮断薬、ノルアドレナリンおよびセロトニン再取り込み阻害薬などの向精神薬と関連しています。本態性眼瞼痙攣 (EB) には、運動症状、感覚症状、精神症状の 3 つの主要な症状があります。運動症状は、まぶたの開きの失行の有無にかかわらず、過剰なまばたきと開眼維持の困難です。まぶたの開きの失行は、まぶたを上げる行為を開始するのが困難であることを特徴とする症候群です。感覚症状は、目の刺激感や羞明などの目の不快感です。これらの症状は、しばしば 本態性眼瞼痙攣 (EB) に先行し、同時に起こるドライアイと混同されることがよくあります。EB 患者の羞明は、不快感や痛みを伴う複雑な症状です。主な精神症状はうつ病です。
この原著は:Blepharospasm – A review and updates. Types and symptoms. June 2011

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。