ご近所の話題

[No.1694] Chat GPTは人類の滅亡を防ぐために作られた:動画紹介

要約

人類滅亡を避けるためにAI技術を非営利で公開する取り組みがあり、その中で量子コンピューター技術の重要性が述べられた。量子コンピューターは現在高額な技術であるが、科学の実験や創薬などのシミュレーションにおいて、効率的かつ高速な結果が得られる可能性があり、量子コンピューター技術の発展が期待されている。また、AIとの組み合わせが進んでおり、AIの進化によって対話がより人間らしくなるなど、目覚ましい進化が見られる。哲学的なアプローチに基づき、要素を正しく理解することが重要であるが、一方でそれに成り立たない理論も存在する。

   ーーーーーーーー

【ChatGPTは人類滅亡を防ぐために作られた】AIの後の世界を学ぶ/量子コンピューターの原理/世界が驚くAIの急激な進化【元 楽天最高データ責任者/ハーバード大学院物理博士 北川拓也】

00:00 – 06:20 オープンAIが世界を驚かせるチャットビデオを開発した。イーロンマスクらがAI技術の可能性を信じ、人類滅亡を避けるために非営利で技術を公開して牽制する映画のような話がある。しかし、AIのトレーニングには人間が期待する答えを教えていなかった可能性もあり、今の時代は驚くべき時代であり、今回のテーマはAI量子コンピューターであり、北川拓也氏がゲストとして登場し、量子コンピューターについて解説する。量子コンピューターは従来の古典コンピューターと異なり、量子力学に基づいており、その性能や可能性について議論がある。

06:22 – 12:33 量子コンピューターの必要性は、量子力学の性質によるものである。古典的な方法で量子的な振る舞いをシミュレーションしようとすると、指数関数的な量の計算が必要であり、現実的には不可能である。そのため、量子コンピューターを作成する必要があり、科学の実験や創薬のような複雑なプロセスをシミュレーションすることで、効率的かつ高速な結果が得られる可能性がある。これが量子コンピューターの重要性の一つの説明である。

12:35 – 18:37 大学の友人であるロシアの教授によって立ち上げられたスタートアップの量子コンピューター企業「quera」について、そのハードウェアの作成方法や量子コンピューターとAIの組み合わせについて話している。現在の量子コンピューターの技術は高額であり、例えばAIのトレーニングには数十億円以上かかるが、queraは量子コンピューターのハードウェアを開発することで、量子コンピューターとAIの連携を進めている。これからの量子コンピューター技術の発展が期待されている。

18:39 – 24:50 太陽光の価格が40%下がれば、CO2を出さずに効率的に電力を生成できる太陽光発電がますます普及し、AI技術の進化も加速する可能性がある。AIとの対話が人間らしくなり、AIのアウトプットの質も向上し、テストの結果ですら合格するようになるなど、AIの進化は目覚ましい。これを実現したのはオープンAIであり、その違いはアライメントの研究にあると言われている。

24:53 – 31:28 賢いAIが飽和していたので、新たな進化があり、質の高い知識を持つことができるようになった。量が増えれば質も変わるというのは、物理学者のフリッパーが説明した量子力学の例に似ている。この考え方は古代ギリシャの哲学者たちから始まり、世界を理解し再構築するために要素を正しく理解する必要があるという考えに基づいている。これを還元主義と呼ばれることもあり、哲学的なアプローチとして小さな要素を理解し続けることが重要である。しかし、このモアイズディファレントのコンセプトには成り立たない理論も存在する。

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。