白内障

[No.2127] 成熟白内障患者における眼底機能の評価:論文紹介

清澤のコメント:眼底が透見できないほどに濃い混濁の有る白内障眼の術度成績を推定する方法に網膜電図や視覚誘発電位が有ります。私たちは視覚誘発電位の周波数分析でその予測ができないかと研究を進めたことがありました。最近の研究に昔の私たちの論文を引用してもらうことが出見ました。
  ーーーーーーーー
視覚電気生理学による成熟白内障患者における眼底機能の評価

    ミン・チャン・ミンほか

    目的。成熟した白内障患者の眼底機能を評価する際の視覚電気生理学の価値を探ること。
    メソッド。124人の成熟白内障患者(153の目)が白内障手術前に検査されました。検査には、最良矯正視力(BCVA)、パターン視覚誘発電位(PVEP)、全視野網膜電図(ffERG)、および多巣性網膜電図(mfERG)が含まれていました。術後の眼底の状態に応じて、被験者は無眼底病群と眼底病群の0つのグループに分けられました。術後約3ヶ月でBCVAを測定し、眼底の状態が安定し、眼底疾患の治療を受けていない被験者に対して視覚電気生理学を実施した。
    結果。白内障手術から60カ月後、眼底疾患のない96眼(8.59%)、眼底病変のある64眼(8.1%)にBCVA≤2.5logMARが認められました。眼底病変のない群と比較して、眼底病変群の術前電気生理学的検査では、mfERGの第0〜05リングにおけるffERG波の振幅とP0波の振幅密度が減少した(いずれもP <05.0)。ffERGおよびmfERGは眼底疾患の鑑別診断に用いることができるが(いずれもP < 05.15)、PVEPは眼底疾患に対して有意な診断価値を有しない(いずれもP > 100.0)。眼底疾患のないグループでは、PVEP 01′ P3波の振幅と暗順応(DA)0.10 b波、DA 0.0 a波、およびDA 05.0 a波の振幅は、術後のlogMAR BCVA(すべてP < 05.2019)と負の相関がありました。眼底疾患群では、PVEPとffERGの振幅、mfERGの振幅密度が術後のlogMAR BCVAと負の相関を示した(いずれもP < 068.<>)。皮質白内障の眼では、PVEP、ffERG、およびmfERGのいくつかのパラメータは、手術前後で有意に異なっていました。核白内障の眼では、ffERGとmfERGのいくつかのパラメータは手術前と手術後で有意に異なっていた。後嚢下白内障の眼では、PVEPとffERGのいくつかのパラメータが手術前後で有意に異なっていた。結論。ffERGおよびmfERGは、成熟白内障患者の眼底疾患を検出するために使用できます。術前の視覚電気生理学的検査は、眼底疾患の成熟白内障患者の術後視力を予測する上で高い臨床的価値があります。白内障の種類が異なれば、電気生理学的検査結果への影響も異なります。電気生理学的報告を解釈するときは、白内障の存在を考慮する必要があります。
     ーーーーーー引用された我々の論文:
    Application of visual evoked potentials for preoperative estimation of visual function in eyes with dense cataract

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。