白内障

[No.190] 眼科用ドラッグデリバリーの市場規模、2028年に270億1,620万米ドル到達予測:記事紹介

眼科用ドラッグデリバリーの市場規模、2028年に270億1,620万米ドル到達予測

清澤のコメント:市場調査レポート「眼科用ドラッグデリバリーの世界市場予測(2028年まで):の記事のプレスリリース公表部分を採録します。

2021年12月9日 15時00分 株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「眼科用ドラッグデリバリーの世界市場予測(2028年まで):

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tip1032989-ocular-drug-delivery-market-forecast-covid-impact.html

眼科用ドラッグデリバリーの市場規模は、2021年の164億432万米ドルからCAGR7.4%で成長し、2028年には270億1,620万米ドルに達すると予測されています。眼科用ドラッグデリバリーシステム(ODDS)とは、視覚に関わる、または視覚に影響を与える病気や障害に対して、眼に薬物・医薬品を注入、投与、または送達することを目的とした剤形またはシステムのことです。眼球表面用の簡単な無菌点眼薬から、眼内組織用の複雑なインプラントまで様々な種類があり、前眼部疾患を治療するための溶液、懸濁液、乳濁液などが中心になります。これらの製剤は、in-situゲル、マイクロエマルジョン、ナノ粒子、リポソーム、イオントフォレーシス、ナノサスペンション、眼球挿入剤などの高度なドラッグデリバリーシステムの形で提供することができます。

眼科用ドラッグデリバリー市場は、技術、製剤タイプ、疾患タイプ、エンドユーザー、地域別に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に分類されます。

眼科疾患の増加が眼科用ドラッグデリバリー市場の成長を促す

白内障、緑内障、加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症、未治療の屈折異常などが、失明や視力低下の主な原因となっています。世界の人口の大半が、生涯において何らかの目の疾患を患うと言われています。2021年2月に発表された世界保健機関(WHO)の報告書Blindness and vision impairment(失明と視覚障害)によると、全世界で約22億人が近距離または遠距離の視覚障害を抱えています。視力低下やロービジョンの主な原因は、白内障(9,400万人)と未矯正の屈折異常(8,840万人)と考えられており、その他の一般的な視力低下の原因は、緑内障(770万人)、角膜混濁(420万人)、糖尿病性網膜症(390万人)、トラコーマ(200万人)となっています。

米国国立眼病研究所(NEI)によると、米国では白内障の患者数が2010年の2,440万人から2050年には約5,000万人に倍増すると予想されています。同様に、Factsheet Glaucoma: Facts & Figures 2019によると、米国では300万人以上の人が緑内障を患っており、さらに、Canadian Survey on Disabilities 2017によると、カナダでは150万人が視力を失っており、約559万人がさらに視力を失う可能性のある疾患を患っていました

また、英国王立盲人協会の2017年の調査によると、英国では、約35万人が視覚障害者および部分視覚障害者として登録されており、約17万3735人が重度視覚障害者、17万6125人が視力障害者として登録されています。

技術に基づく洞察

市場は、技術別に、移植可能な眼科用ドラッグデリバリーシステム、粒子状薬物送達システム、ナノ粒子薬物送達システム、その他に分類されます。2021年は、移植可能な眼科用ドラッグデリバリーシステムのセグメントが最大シェアを占め、最も高いCAGRを記録すると予想されています。

清澤注:移植可能な眼科用ドラッグデリバリーシステムとは何のことなのでしょうか?
https://www.t-technoarch.co.jp/data/anken/T08-214.pdf に紹介されているような薬剤徐放性の物なのでしょうか?技術のシードとしての有望性はあるとしても「2021年は、移植可能な眼科用ドラッグデリバリーシステムのセグメントが最大シェアを占める」というにしてはその製品を眼にしてはいないように思われますが。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。