白内障

[No.2735] 目の見え方に関する眼鏡市場によるアンケート調査のサマリー

清澤のサマリー:眼鏡市場を運営する株式会社メガネトップが実施したアンケート調査によると、20歳から54歳の男女600人を対象に目の見え方について調査を行い、その結果が時計工芸新聞75日号に掲載されました。その結果、以下のポイントが浮かび上がりました。対策が解らない方は早速眼科を受診して老眼鏡処方をしてもらい、処方箋に基づく老眼鏡をご購入下さい。

   ‐---記事の要点ーーーー

 

  1. 隠れ老眼の存在: 老眼の自覚がないものの症状を感じている「隠れ老眼」が29.4%存在する。
  2. 老眼の自覚率: 老眼を自覚しているのは全体の約3割で、20代でも11.0%が老眼を自覚している。
  3. 老眼の症状: 指紋の見える距離が30センチ以上の人が36.7%おり、これは老眼の自覚率を上回る。
  4. 年齢と老眼の関係: 年齢が上がるごとに老眼の症状が増え、45歳以上では4割以上が指紋を30センチ以上離して見ている。
  5. 日常生活での目の症状: 読書やスマホの使用後の目の疲れが最も多い。
  6. 老眼対策の実施率: 老眼対策をしている人は全体のわずか12.3%に過ぎず、老眼の自覚がある人でも33.0%にとどまる。
  7. 対策をしない理由: 老眼対策をしていない理由として最も多かったのは「対策がわからない」ことである。

 

この調査から、老眼の自覚がなくても症状を感じている人が多く、対策の認知度や実施率の低さが課題として浮かび上がっている。

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。