眼瞼疾患

[No.707] 日本の紹介病院における悪性眼瞼腫瘍の疫学的特徴:論文紹介

眼科医清澤のコメント:東京医大での眼瞼の悪性腫瘍の統計です。多い悪性眼瞼腫瘍は脂腺癌(44%)、基底細胞癌(36%)、扁平上皮癌(9%)、リンパ腫(7%)、メルケル細胞癌(3%)およびその他(2%)であったそうです。

  ーーーーーーー

日本の紹介病院における悪性眼瞼腫瘍の疫学的特徴

目的

日本の単一の研究所で診断された悪性まぶた腫瘍の発生率と人口統計学的特徴を明らかにすること。

研究デザイン

後ろ向き観察症例シリーズ

メソッド

1995年から2019年の間に東京医科大学病院で組織病理学的に診断された悪性眼瞼腫瘍の患者を遡及的にレビューした。悪性まぶた腫瘍の発生率と人口統計学的プロファイルを分析した。同じ期間に組織病理学的に診断された良性眼瞼腫瘍の数も数えられた。

結果

組織病理学的に証明された悪性眼瞼腫瘍を有する合計412人の患者が含まれた。最も一般的な悪性眼瞼腫瘍は脂腺癌(n = 180、44%)であり、続いて基底細胞癌(n = 148、36%)、扁平上皮癌(n = 35、9%)、リンパ腫(n = 28、 7%)、メルケル細胞癌(n = 11、3%)およびその他(n = 10、2%)。診断時の悪性眼瞼腫瘍患者の平均年齢は71.0±13.0歳でした。脂腺癌では、女性患者の割合が男性患者よりも有意に高く(P = 0.0283)、上眼瞼の関与の割合が下眼瞼よりも有意に高かった(P= 0.0001)。一方、基底細胞癌と扁平上皮癌では性別の優位性はありませんでした。下眼瞼の関与の割合は、基底細胞癌( P = 0.001)および扁平上皮癌(P = 0.0012)において上眼瞼よりも有意に高かった。研究期間中、良性眼瞼腫瘍の患者は1433人で、全眼瞼腫瘍の78%を占めていました。

結論

脂腺癌は、日本の主要な悪性眼瞼腫瘍であり、男性よりも女性に多く見られます。悪性まぶた腫瘍の疫学は、最近の人口の高齢化に関連する人口の年齢構成の傾向によって影響を受ける可能性があります。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。