緑内障

[No.537] 緑内障患者における視野欠損の程度と視放線損傷の間の正の相関

清澤のコメント:これは最新の神経放射線学会誌に引用された私たちの論文です。最近は神経画像が格段に見やすくなっています。

原発性開放隅角緑内障における微細構造視覚経路白質変化:神経突起配向分散および密度イメージング研究: 論文紹介

Positive correlation between the degree of visual field defect and optic radiation damage in glaucoma patients

Japanese Journal of Ophthalmology volume 57pages257–262 (2013) 公開:2013216

概要

目的:拡散テンソル磁気共鳴画像法の部分異方性(FA)を使用して、緑内障患者の視放線(OR)損傷を評価しました。

方法:緑内障の29人の患者と19人の健康な対照を研究しました。関心領域は、FAマップ上の両側の前部および後部ORの上に配置され、各領域のFA値が測定されました。

結果:両側の前部および後部ORのFA値は、緑内障患者(前部右、P  = 0.0002;前部左、P  = 0.00028;後部右、P  = 0.0004;および後部左、P  = 0.0001)で健康なコントロールよりも有意に低かった。緑内障患者では、FA値と両眼の対側半視野の総偏差の平均との間に有意な相関が観察されました(左半視野と右前部OR、相関係数[ r ] = 0.46 [ P  =0.013];右半視野と左前部OR、r  = 0.43 [ P  = 0.021];左半視野および右後部OR、r = 0.54 [ P  = 0.0027]; 右半視野と左後部OR、r  = 0.46 [ P  = 0.012])。

結論:視放線OR全体のFA値は緑内障患者で減少し、視野欠損の程度と相関していました。

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。