緑内障

[No.1360] 低血圧は OAG 発症の重大な危険因子です:

図はhttps://www.reviewofoptometry.com/article/hypotension-linked-to-oag-riskより。いずれにしろ、Academy Express  – Asia Pacific Edition2023.1.21号で紹介されていました。
末尾に私たちの不整脈と緑内障の論文もつけておきます。ご笑覧ください。
  ーーーーーー
緑内障

レトロスペクティブ研究では、米国の全国データベースを使用して、血圧 (BP) と開放隅角緑内障 (OAG) の発症との関係を評価しました。

研究デザイン

この研究は、国立衛生研究所の All of Us Research Database プログラムの参加者のコホートに焦点を当てています。緑内障と診断されていない、少なくとも15か月の追跡調査を受けた眼科患者が研究に含まれました。BP と OAG の間の潜在的な関連性を評価することに加えて、研究者は BP 薬がこの関係を変更するかどうかも調べました。

結果

この研究に含まれる20,815人の参加者のうち、462人が追跡期間(86.0〜104.6か月)にわたってOAGを発症しました。多変量解析では、低平均動脈圧が OAG 発症の重要な要因であることが示されました (ハザード比 [HR] 1.32)。多変量解析 (> 3 クラスの薬: HR 1.28) に基づくと、BP 薬の数は OAG の危険因子でしたが、これは有意であることがわかりませんでした。

制限事項

これらの研究に志願した人々は、全人口を代表していない可能性があります。彼らは血圧モニタリングに過敏である可能性があり、血圧の薬の数がOAGと有意に関連していなかったという事実にもかかわらず、血圧の過剰治療が説明になるかもしれません. 同様に、コーディングや電子医療記録データが使用される研究では、適切な診断に関して問題が生じることがよくあります。

臨床的な意義

OAGの発症には、血圧と眼灌流が重要です。この研究では進行についてコメントすることはできませんが、これらのデータは、患者が一般的に高血圧の治療を受けているプラ​​イマリケア環境でより意味のあるものになる可能性があります. BP 投薬と OAG 診断との間に有意な関連性がないことは、いくぶん困惑しています。これは、1 日のすべての時間帯で BP を知ることの粒度が限られていることが原因である可能性があります。ただし、一次 OAG の発症に関しては、BP 薬の数よりも BP レベルの方が依然として重要であり、緑内障の疑いがある低血圧の患者は、より頻繁にスクリーニングを受けるか、プライマリケアの臨床医と BP の目標について話し合うことについてカウンセリングを受ける必要があります。

財務情報開示: Sheybani 博士は Allergan (コンサルタント) との関係を開示します。Ivantis (コンサルタント); ニューワールドメディカル(コンサルタント); 参天(コンサルタント)。

不整脈が緑内障のリスク? 日本人での横断研究

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。