神経眼科

[No.665] 視力リハビリテーション患者の約3分の1がシャルル・ボネ症候群を経験している。

清澤のコメント:先日は黄斑疾患におけるシャルルボネ症候群の記載を囲繞しましたが、これは緑内障におけるシャルルボネの記載をした編集者へのレターです。シャルル・ボネ症候群を定義する4条件:①形成された視覚的幻覚、②それが患者に説明されたときの陽性現象の非現実的な性質への洞察、③ある程度の視力喪失、④幻覚を説明する他の精神医学的または神経学的診断がない。患者のコホートでは23%が再発性の視覚的幻覚を報告し、緑内障と診断された人の21%が幻覚を持っていたそうです。
ーーー抄録の訳出採録ーーーー
編集者への手紙 研究レター Ophthalmology,  118巻、第5号P1005、2011年5月1日
編集者様へ:
視力リハビリテーションのために紹介された患者の約3分の1が再発性の視覚的幻覚、シャルル・ボネ症候群(CBS)を経験しています。
シャルル・ボネ症候群を定義するには、4つの要素が必要です。①形成された視覚的幻覚、②それが患者に説明されたときの陽性現象の非現実的な性質への洞察、③ある程度の視力喪失、そして④幻覚を説明する他の精神医学的または神経学的診断がないこと。研究されたほとんどのシャルル・ボネ症候群(CBS)被験者は、加齢に伴う黄斑変性症の診断を受けています。緑内障は、先進国における不可逆的な視覚障害と失明の主な原因です。
ただし、これらの患者におけるシャルル・ボネ症候群(CBS)の有病率についてはほとんど知られていません。以前の研究では、緑内障の患者でシャルル・ボネ症候群(CBS)の有病率が12.3%であることがわかりましたが、視力が0.25を超える患者は除外され、緑内障やその他の眼疾患の患者が含まれていました。
症例シリーズは、0.5よりも視力が良好な緑内障の4人の患者でCBSを報告しました。
視力リハビリテーションのために紹介された緑内障患者におけるシャルル・ボネ症候群(CBS)の有病率を評価するためにこの研究を実施しました。
2007年3月から2008年8月までマサチューセッツ州の眼と耳の診療所(清澤注:とても有名な世界的な病院です)の視力リハビリテーション外来で見られた患者を遡及的にレビューしました。各患者は幻覚の症状を引き出すために主要な質問をされました。「このクリニックに来る多くの患者は、彼らが知っているものがそこにないのを見ていると私たちに言います。パターンや形を見る人もいます。人や動物の画像を見る人もいます。これを経験したことがありますか?
私たちの分析では、3つのグループを検討しました。全コホートは視力リハビリテーション患者緑内障およびその他の眼の診断と診断されたグループ、そして緑内障のみが有ると診断されたグループです。シャルルボネ症候群の症例は、同様の緑内障状態、年齢、視力、およびコントラスト感度の幻覚のない対照とマッチさせました。各変数は、他の変数を1対多の戦略と照合することによって調査されました。この戦略では、適格なペアリングの中からコントロールがランダムに選択されました。
698人の患者のコホートでは、23%(161/698)が再発性の視覚的幻覚を報告しました。グループ全体20%(141/689) が緑内障と診断され、そのうち127が他の共存する眼科的な病気の診断を受けました。緑内障と診断された人の21%(29/141)は幻覚を持っていましたが、緑内障と何かと診断された人の29%(4/14)は幻覚を報告しました。また、緑内障と診断されただけの人と他の診断を合わせて受けた人の幻覚の報告に有意差はありませんでした(フィッシャーの直接確率検定P = 0.41)
幻覚のある緑内障患者の1人は0.8の視力を持っていました。すべての被験者の視野データは入手できませんでしたが、シャルル・ボネ症候群を経験した患者はすべて、-12を超える平均欠陥(Hodapp-Parrish-Anderson緑内障重症度基準による重度の欠陥)によって表される重度の視野喪失、または「進行性緑内障」の記録された医療に関する説明レポートのいずれかを持っていました。コントラスト感度の低下がシャルル・ボネ症候群(CBS)のリスク要因であることは以前に示しました。
この同じ関連性は、この視力リハビリテーションコホートに見られますが、緑内障のみの被験者のより小さなサブセットには見られません。緑内障患者のシャルル・ボネ症候群(CBS)の重要な危険因子は年齢でした(T検定P <0.001)。緑内障患者のより大きなサンプルを用いたさらなる研究は、患者が幻覚を経験するリスクになる視野喪失またはコントラスト感度喪失のレベルについて結論を出すために必要となるでしょう。
患者は幻覚の発症に対して否定的な反応を報告しますが、
彼らの精神的能力が疑問視されるかもしれないという懸念のために、ほとんどは幻覚を報告しません。すべての医師が症候群の性質を理解しているわけではないので、幻覚を報告する人はしばしば奇妙な対応に遭遇します。多くの患者は、幻覚が精神障害の症状ではなく、視力喪失の症状であると安心したときに、安堵と感謝の気持ちを表します。私たちの調査結果は、視力リハビリテーションのために紹介された緑内障の患者は、他の診断を受けた患者と同じようにCBSを報告する可能性があることを示しています。医師は、この特有の症状を経験する可能性のある緑内障患者に保証を提供するために、重度の視野喪失のある患者のCBSについて問い合わせることがあります。
(清澤注)つじつまを考えて抄録を多少いじってあります。気になる方は原著をご覧ください。

加齢性眼疾患研究2の参加者における加齢性眼疾患とシャルルボネ症候群との関連(Le et al):に対するGary Brownのレター

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。