神経眼科

[No.772] 「血管を識別し、脳卒中を認識する」特に中大脳動脈梗塞の症状。

 

清澤のコメント:中大脳動脈の梗塞による症状の解説をここで何件か記載してきました。今回は「血管を識別し、脳卒中を認識する」という事で、特に中大脳動脈梗塞の症状を復習してみます。(https://www.myamericannurse.com/identify-the-vessel-recognize-the-stroke/ 参照)なお半盲は中大脳動脈領域の大脳皮質症状ではなく、その下を走る視放線と呼ばれる線維束(tract)の障害でおきています。この記事を書いてみて気づいたのですが、この疾患では、高血圧、心房細動、喫煙、心不全、頸動脈狭窄、冠動脈疾患など、患者に脳卒中の危険因子があるかどうかを調べる必要があります。(明らかな危険因子のない患者でも脳卒中になる可能性があります。)また、低血糖、低ナトリウム血症、薬物療法、急激な血圧低下、発作後の状態など、神経学的影響を引き起こす可能性のある脳卒中以外の状態の評価も必要です。

    ーーー要点採録ーーー

脳卒中の早期発見と治療は、患者の転帰を大幅に改善することができます。

脳卒中は、脳の血管に影響を与える神経血管疾患です。脳卒中の 2 つの基本的なタイプは、虚血性と出血性です。 虚血性脳卒中では、脳動脈の閉塞により、影響を受けた血管からの血液供給に依存する脳組織が損傷を受けます。 出血性脳卒中では、脳動脈から血液が漏出し、隣接する脳組織が損傷を受けます。

脳卒中の早期発見 と治療

脳の血液供給の頸動脈は、大脳の大部分を含む脳の前部に血液を供給します。頸椎に収容されている椎骨動脈は合流して脳底動脈を形成し、小脳と脳幹を収容する脳の後部に栄養を供給しています。

ここでは、主要な脳血管と各血管が提供する機能領域について、特に中大脳動脈について説明します。米国脳卒中協会は4 時間ごとに神経学的評価を行うことを推奨しています。不安定な患者、変動する徴候や症状がある患者、または血栓溶解薬を投与された患者には、より頻繁な評価が必要になる場合があります。

中大脳動脈(MCA)の脳卒中

内頸動脈から分岐する最大の血管である中大脳動脈 (MCA) は、最も一般的な脳閉塞部位です。このため、MCA 脳卒中の徴候と症状を覚えておくことが重要です。

MCA は、前頭葉、側頭葉、頭頂葉、および脳の深部構造 (大脳基底核と内包) を含む、脳の膨大な領域に栄養を供給します。MCA には主茎とそこから生じるいくつかの枝があります。主幹の閉塞は、MCA によって供給される脳の領域全体に影響を与えます。MCA の分布は非常に大きいため、主幹の脳卒中は被害者を重度の障害または死亡の危険にさらします。対照的に、MCA 枝の閉塞は、より小さな脳領域を損傷し、重度の障害を引き起こしません。

完全な MCA 脳卒中の影響

MCA 脳卒中の顕著な特徴は、顔面の非対称性、腕の衰弱、言語障害などです。完全な MCA 脳卒中は通常、次の原因となります。

  • 反対側の片麻痺(麻痺)で、顔の下部、腕、および手が影響を受けますが、脚はほとんど影響を受けません
  • 同じ領域の反対側(反対側)の感覚喪失
  • 反対側の同名半盲—両眼の視野の同じ半分に影響する視野欠損。

MCA 脳卒中は、脚よりも顔と腕に深刻な影響を与えるため、評価は顔と腕に集中してください。患者に笑顔を求めます。患者がこの命令や他の命令に従えない場合は、しかめっ面を誘発し、顔の下半分の非対称性を観察します。次に、手と腕の強さを評価します。

右側対左側

MCA 脳卒中の側性は、追加の徴候と症状を決定します。脳卒中が左(または支配的な)脳半球に影響を与える場合、患者は失語症(言語を介したコミュニケーション能力の部分的または完全な喪失)を経験する可能性があります。失語症は、表出性(思考を言語に変換することが困難、ブローカ型)、受容性(口頭および書面による言語の理解が困難、ウェルニッケ型)、またはその両方である可能性があります。

表出性失語症を迅速に評価するには、患者にペン、時計、鍵などの一般的なオブジェクトに名前を付けてもらいます。試験中、患者があなたとどのように会話しているかに注意してください。物に名前を付けたり、考えを表現したりするのが困難ですか?

受容性失語症を迅速に評価するには、患者にコマンドに従うように依頼します。たとえば、「左手の 2 本の指を見せて」や「目を開けて閉じて」などです。患者がこれらの指示に従っているかどうかに注意してください。「はい」または「いいえ」の質問に答えて、単にうなずいたり、頭を振ったりしますか? 受容性失語症の患者は、発話のストレスやイントネーションのパターンなど、非言語コミュニケーションを理解できることに注意してください。これにより、正しい応答を返すことができます。

ほとんどの人は左半球優位であり、音声/言語中枢が脳の左側にあることを意味します。したがって、右側の筋力低下のある患者は失語症になると予想し、それに応じて検査に集中してください。

右(または非優位)半球に影響を与える脳卒中では、患者は一方的な怠慢の兆候を示すことがあります。ネグレクトはほとんどの場合、右半球の脳卒中と関連しているため、左側に筋力低下のある患者もネグレクト(片側空間無視 hemispatial negrect)を起こしていると考えてください。

大脳に供給している他の血管の脳卒中(省略この部分を本日は省略)

前大脳動脈、後大脳動脈、脊椎 – 脳底の脳卒中、小脳脳卒中、脳幹脳卒中について本日は省略します

出血性脳卒中:出血性脳卒中は、影響を受ける動脈に応じて、上記と同じ局所症状を引き起こします。しかし、それらは通常、虚血性脳卒中よりも顕著な頭痛、首の痛み、光の不耐性、吐き気と嘔吐、および意識レベルの障害を引き起こします。

脳卒中と他の状態との鑑別

急性脳卒中の徴候と症状について患者を評価するときは、これらの重要な点に留意してください。

  • 患者の症状が突然発症したかどうかを判断します。脳卒中の症状は、他の症状よりも突然現れる傾向があります。
  • 高血圧、心房細動、喫煙、心不全、頸動脈狭窄、冠動脈疾患など、患者に脳卒中の危険因子があるかどうかを調べます。(ただし、明らかな危険因子のない患者でも脳卒中になる可能性があることを知っておいてください。)
  • 病歴を確認します。患者の現在の赤字は古いものですか、それとも新しいものですか?
  • 低血糖、低ナトリウム血症、薬物療法、急激な血圧低下、(患者が発作を起こした場合)発作後の状態など、神経学的影響を引き起こす可能性のある脳卒中以外の状態を評価します。

脳の問題は時間です

脳卒中は、認識しないと治療できないため、早期発見が重要です。急性脳卒中介入は時間に敏感です。ほとんどの場合、既知の発症から 3 ~ 6 時間以内に開始する必要があります。

(参考にした元の記事の著者Susan Tocco は、フロリダ州オーランドにある Orlando Regional Medical Center の神経科学臨床看護専門医)

部分半盲とは何か?:簡易な質問と答え、視野投射地図の追加説明付です

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。