神経眼科

[No.914] 視神経炎における磁気共鳴画像パターン:論文紹介

清澤のコメント;韓国から、視神経炎のMRI画像と臨床症状の相関を論じた論文が報告されました。結論は、MRI コントラスト強調パターンは、視神経乳頭の腫れと関連していたが、痛みや初期視力とは関連していなかったと。この先行研究には私も共著者であった日本神経眼科学会の報告も引用されています。Research squareの査読未済ドラフトです。

   ーーーーーーー

特発性孤立性視神経炎における磁気共鳴画像パターンに依存する臨床的特徴 パク・サンミン、ウンス・サムエル・キム

https://doi.org/10.21203/rs.3.rs-2013641/v1 _

概要

目的:特発性孤立性視神経炎患者の磁気共鳴画像 (MRI) に基づく臨床的特徴の違いを調査します。

方法:視神経炎と診断された 59 人の患者の 68 眼をレトロスペクティブに分析し、MRI で視神経炎を示す炎症所見を示した。付随する痛み、視力、視神経乳頭の腫れなどの臨床的特徴を調査しました。視神経乳頭の腫れは、正常、軽度、または重度に分類されました。MRIの結果は病変により眼窩内、視神経管内、全視神経に分け、臨床的特徴と比較・解析した。

結果:この研究には男性 29 人、女性 30 人が参加し、平均年齢は 42.6 ± 16.6 歳でした。59 人の患者のうち、48 人 (81.4%) が痛みを訴えた。視神経乳頭の腫れは、48.5%の患者 (33 眼) で観察されませんでした。炎症性変化は、眼窩内領域 (33 眼)、視神経管内領域 (20 眼)、および視神経全体 (15 眼) で最も一般的でした。病変の位置による痛みのパターンに統計的な差はありませんでしたが ( p =.677)、視神経全体に炎症が存在する場合、視神経乳頭の腫れがひどかった ( p =.023)。初期および最終的な視力は、MRIパターン、痛みの存在、または視神経乳頭腫脹と有意に相関しませんでした(p = .156、p = .714、およびp =.436)。

結論: MRI コントラスト強調パターンは、視神経乳頭の腫れと関連していましたが、痛みや初期視力とは関連していませんでした。視神経炎の臨床的特徴を MRI 所見から判断するだけでは不十分であることに注意する必要があります。

序章

視神経炎は、視覚障害と痛みを引き起こす脱髄性視神経障害です。視神経炎治療研究 (ONTT) は、視神経炎に関する貴重な情報を提供する記念碑的な論文です。ただし、ONTT 研究には磁気共鳴画像法 (MRI) 所見のパターンが含まれておらず、この研究には他の民族グループ研究との微妙な違いもあります。

視神経を直接視覚化することはできません。したがって、診断には MRI やコンピュータ断層撮影などの画像検査が必要です。MRI は、視神経炎を診断し、他の視神経障害を除外する上で重要な役割を果たします。視神経炎患者の 60 ~ 80% は、MRI で視神経の信号変化を示します。解剖学的調査は、転帰と臨床的特徴を予測する強力なツールです。さらに、視神経炎を発症するさまざまな状態は、MRI で異なるパターンを示します。したがって、この研究は、特発性孤立性視神経炎患者のMRIに基づく臨床的特徴の特徴を調査することを目的としていました。

   ーーーーーーーーー

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。