全身病と眼

[No.333] 「COVID-19の非定型的特徴としての非動脈炎性前部虚血性視神経症」症例報告紹介

神経眼科医清澤のコメント:COVID-19の非定型的特徴としての非動脈炎性前部虚血性視神経症:症例報告」がフランス眼科学会誌にオンラインで発表されたCOVID-19の患者は血栓塞栓性および虚血性イベントを起こしやすいため、眼の血管合併症の発生率も高くなる。したがって、眼科医と神経科医は、現在の流行からCOVID-19について新たに発症した眼の愁訴のあるCOVID-19患者を注意深く評価する必要があると述べている。文献リンクを残して抄出引用しておく。著者はArefeh Babazadehら。(上のアイキャッチ画像は別症例です。)

序章

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によって引き起こされる感染症であるコロナウイルス病2019(COVID-19)は、世界的な大発生を引き起こした。COVID-19のほとんどの症例は、発熱と気道の症状に関連している。この感染症は、さまざまな神経学的、胃腸、嗅覚、眼、皮膚、および心臓の症状でも発生する可能性があります。COVID-19の眼症状は通常まれです[2]眼の所見が感染症の症状を示している可能性があることに注意することが重要でした。COVID-19感染の合併症に関する最初の報告によると、最も典型的で重要な眼症状は、結膜感染、流涙症、および結膜炎です[3]。ここでは、非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)のCOVID-19患者を紹介する。

症例報告(清澤が短縮します)

67歳の女性が左眼の視力低下で病棟に入院し、2日間の頭痛が続いた。彼女は主に前頭部と左側頭部に頭痛があり、主に上半眼野に暗点を伴うかすみ目があった。眼窩の痛みはありませんでしたが、彼女は目の不快感を訴えた。彼女は、症状は主に朝に現れると報告しました。彼女の過去の病歴は、7年前に経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を受けた冠状動脈疾患(CAD)と、制御されていない高血圧でした。発赤、分泌物、流涙症、羞明、結膜炎を示唆する異物感覚、および強膜炎は明らかではなかった。眼の検査は、眼振、眼筋麻痺、および関連する瞳孔欠損を伴わない視力の低下を明らかにした。フルオレセイン血管造影は、左視神経乳頭の周りの充填欠陥を示した。細隙灯検査で前房は正常に見えた。しかし、右眼に軽度の白内障、左側に密な後嚢下白内障が検出されたため、眼底および視神経乳頭の検査は実行できなかった。彼女の最も矯正された視力(BCVA)は、右眼と左眼でそれぞれ20/20と20/800。しかし、色覚の低下は見られなかった。ゴールドマンの視野検査では、反対側の眼に視野異常がなく、左視野上半の欠損が見られた。

さらに、正常眼圧(IOP)。光コヒーレンストモグラフィー(OCT)の観察は正常であり、乳頭状浮腫や黄斑の損傷はなかった。神経学的検査により、マーカス・ガンの瞳孔。眼球運動正常。左眼視力手動弁。彼女は、ブリモニジン点眼薬とともに、抗血小板抗凝固薬と降圧薬を服用していた。神経内科医の推奨によれば、即時の高用量コルチコステロイド治療が必要でした。脳と視神経の磁気共鳴画像法(MRI)は急性脳病変を除外した。糖尿病、高脂血症、および甲状腺障害は除外されている。入院の2日後、患者は微熱と軽度から中等度の呼吸困難を発症し、室内空気の酸素飽和度(SpO 2)が88〜92%変動した。肺コンピュータ断層撮影(CT)スキャンは、彼女の右上葉の後部にいくつかの小さな胸膜下結節を示し、COVID-19の初期段階を示唆していた。SARS-CoV-2の逆転写酵素-ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)テストは陽性。彼女はロピナビル/リトナビル(カレトラ)、コルチコステロイドパルス療法、および高流量鼻酸素療法を受けました。彼女の視力は2週間のフォローアップ後に改善しませんでした。

討論

眼科症状はCOVID-19の挑戦的な臨床症状である可能性があることが指摘されています。さまざまな研究で、この疾患の入院患者における眼の問題のさまざまな有病率(0.8%から31.6%)が報告されており、最も一般的な眼の症状は結膜炎であると報告されています[4]それにもかかわらず、この感染症に関連するほぼすべての眼科的関与は、介入なしで自然に解決します。

虚血性視神経障害(ION)は急性視神経虚血であり、主に60歳以上の患者に発生する。それは、後部および前部の虚血性視神経障害として分類される[5]。前部虚血性視神経症(AION)は、視力喪失につながる一般的な眼疾患です。これは、主に高齢者の視神経梗塞の結果として発生します。AIONは、2つの異なるカテゴリに分類される1)巨細胞性動脈炎(GCA)で最も一般的に見られる動脈性前部虚血性視神経症(AAION)。2)糖尿病、冠状動脈疾患、高血圧、高脂血症、凝固亢進状態、および片頭痛に関連する非動脈性前部虚血性視神経症(NAION)。先に述べたように、AIONは高齢者によく見られます。したがって、若い患者の診断は、糖尿病、高脂血症、高血圧、高体重指数(BMI)、結合組織病などの基礎となる小血管脳血管疾患の兆候である可能性があります。典型的な患者の苦情は、突然の片側の視力喪失であり、多くの場合、朝起きた直後です。AIONは通常、出血を伴う視神経乳頭の炎症を伴い、時には隣接する綿花状白斑の滲出液を伴います[6]。顎跛行と首の痛みは、GCA誘発性AIONの臨床的手がかりとして役立つ可能性があります[7]

非動脈性前部虚血性視神経症(NAION)は通常、片側性の無痛状態です。NAION患者の眼の検査中に、視力の低下、求心性瞳孔欠損、視神経乳頭浮腫、色弱、および乳頭周囲の線状出血が、古典的に下に高度視野の欠損に関連して観察された。しかし、私たちの患者は、進行した緑内障性神経障害に関連する左眼の上半盲を持っていた。眼圧測定は正常。眼底検査におけるAAIONとNAIONの違いは、AAIONの視神経乳頭の淡い色と、NAIONの充血性で腫れたものです[8]。残念ながら、眼底検査は、患者の密で重度の白内障のために決定的ではなかった。

視覚障害の程度は、AAIONよりも深刻ではないことがよくある。神経学的検査でマーカス・ガンの瞳孔のない左眼眼前手動弁の視力が観察された。巨細胞性動脈炎は、頭痛、頭皮および一時的な圧痛、または顎跛行などの他の付随する症状がないため、現在の患者の状態はAAIONと互換性がないようだった。

一般に、視野喪失は、おそらく古典的、弓状、中枢、または高度のIONで発生し、視神経の影響を受けた部分に関連している[9]。ただし、最も一般的な症状は、通常は下半領域での高度視力喪失です。さらに、私たちの患者は、NAIONでは比較的まれな所見である左眼の上半盲に関与していました。臨床検査と準臨床的措置は、診断の確認に役立ちます。たとえば、赤血球沈降速度(ESR)、C反応性タンパク質(CRP)、および血小板数の上昇は、GCAまたはAIONを示唆しています[10]。、AIONの診断に反して、これらはすべて私たちの患者では正常でした。この状態は主に神経学的であるため、血栓性イベントは、眼の合併症ではなく、素因であった可能性があります。したがって、D-ダイマーは、彼女の凝固亢進状態と予後を確認するための優れたマーカーとなるでしょう[11]。これは私たちの患者では正常でした。フルオレセイン眼底血管造影は、AAIONの血栓症を検出するための実用的な検査となる可能性があります[12]。NAIONの病原性が異なるため、この診断手順は私たちの場合と同様の有用性がなかった可能性があります。それにもかかわらず、私たちの患者は、後毛様体動脈(PCA)の閉塞を示す決定的な結果を実行しませんでした。

NAIONの決定的な治療法はこれまでなく、症例のほぼ半数が自然に回復します。推奨される治療法のほとんどは、血栓症を予防するか、視神経乳頭の浮腫を軽減することを目的としています。また、突然の視力喪失の根本的な原因をタイムリーに診断することも重要です。言い換えれば、GCAの場合のコルチコステロイドの早期投与は、失明の有意な改善と予防につながります。全身性コルチコステロイドが視力を改善したいくつかの研究を除いて、コルチコステロイドはNAIONに日常的に提案されていません[13][14][15][16]。ただし、いくつかの研究では、NAIONにおける有益なコルチコステロイド効果が報告されています。COVID-19の文脈では、ステロイドの利点は十分に調査されていません。NAIONの血栓塞栓性の基礎に基づいて、一部の神経内科医および眼科医は、NAION患者がアスピリンを服用することを推奨しています。一方、肺血栓塞栓症、脳血管障害、播種性血管内凝固症候群などの他の重篤な血栓塞栓性合併症に注意する必要がある。このため、私たちの患者は、潜在的な危険を避けるためにこれらの薬を服用し始めました。

結論

COVID-19の患者は血栓塞栓性および虚血性イベントを起こしやすいため、眼の血管合併症の発生率が高くなります。したがって、眼科医と神経科医は、現在の流行からの最近の原因となるCOVID-19について新たに発症した眼の愁訴のあるCOVID-19患者を注意深く評価する必要があります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。