全身病と眼

[No.673] COVID-19感染を伴うミエリンオリゴデンドロサイト糖タンパク質抗体関連視神経炎

COVID-19感染を伴うミエリンオリゴデンドロサイト糖タンパク質抗体関連視神経炎:症例報告と文献レビュー

清澤のコメント:昨年の神経眼科学会でも神経眼科を専門とする医師の間ではささやかれていたのが、MOG 抗体陽性視神経炎とコロナウイルス感染症の関連の話題です。それを報告したタイからの論文が先行論文のレビューも行っています。(図はこの症例とは無関係)

 

   ーーー概要ーーー

Buravej Assavapongpaiboon Supanut Apinyawasisuk ほか

https://doi.org/10.1016/j.ajoc.2022.101491
概要

目的

SARS-CoV-2感染とMOG抗体関連視神経炎との関連を実証すること。

観察

35歳のタイ人女性は、左眼の鋭いかすみ目が6日間眼球運動に痛みを伴い、視力喪失が始まる前に1週間乾いた咳をしていました。彼女の視力は右眼で20/32であり、左眼はRAPDがあって、指数弁でした。彼女は両側の乳頭の腫れがあり、左眼でより顕著でした。脳と眼窩のCTスキャンは、両眼の視神経鞘複合体の腫れを示しました。血清学的検査は、血清抗ミエリンオリゴデンドロサイト糖タンパク質(MOG)抗体に対して陽性でした。彼女のSARS-CoV-2PCRの鼻咽頭スワブも陽性でした。SARS-CoV-2関連MOG抗体視神経炎の診断がなされた。

結論と重要性

COVID-19感染後のMOG抗体関連視神経炎のこの症例は、文献で報告されている他のいくつかの症例とともに、COVID-19感染とMOG抗体関連疾患との間に関連がある可能性があることを示唆しています。ただし、この関連性を確認するには、より大規模なケースコントロール研究が必要です。

キーワード

視神経炎
ミエリンオリゴデンドロサイト糖タンパク質
重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2
コロナウイルス 病気 2019年

序章

新規の重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によって引き起こされるコロナウイルス病2019 (COVID-19)の発生は、すべての国で懸念されています。COVID-19の眼症状には、結膜炎、角結膜炎、ブドウ膜炎、網膜炎などがあります。視神経炎を含むさまざまな神経眼科の状態がCOVID-19に関連しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。