コンタクトレンズ・眼鏡処方

[No.374] 眼鏡はCOVID-19から保護できますか?:米学会の評論紹介

眼鏡はCOVID-19から保護できますか?:米学会の評論紹介:最近の世情としては、眼科雑誌の論文が人々にコロナ感染を怖れさせる方向の記事ばかりではないように感じられます。ここに紹介するのは医療現場で感染予防の為に使ってもよいが、「眼鏡をかけるとコロナウイルスに感染する可能性が低くなる可能性がある」という論文に対しては限定意見です。この元論文は以前取り上げた事がありました。(本報末尾参照)

  ーーーーーーーー

VeredHazanchuk 著 Thomas L SteinemannMDによる レビュ2021年1月7日

中国湖北省の新しい研究(Association of Daily Wear of Eyeglasses With Susceptibility to Coronavirus Disease 2019 Infectionによると、眼鏡をかけるとコロナウイルスに感染する可能性が低くなる可能性があります。調査結果は、医学雑誌であるJAMAOphthalmologyに掲載されました。しかし、これは、COVID-19を防ぐために、誰もが目の保護具を着用する必要があることを意味しますか?正確には、米国眼科学会の臨床スポークスパーソンでありMetroHealth MedicalCenterの眼科教授である眼科医ThomasSteinemann、MDは述べています。

眼科医は、人々がマスクに加えて目の保護具を着用し始めることを推奨するのに十分な情報がないと言います。「それは挑発的で魅力的な研究です。しかし、物事のスキームでは、これは人口のごく一部です。眼鏡をかけていることが本当に人々が目に触れる頻度が少なく、したがって感染率が低下していることを意味するかどうかについて結論を出す前に、はるかに大規模な研究が必要です」とSteinemann博士は述べています。

コロナウイルスは、感染した人が目の近くで咳やくしゃみをしたり、目に触れる前に感染した物体に触れたりすると、目を通して広がる可能性があります。

眼鏡とコロナウイルスの間の可能なリンク

この研究は、中国の研究者によって行われた奇妙な観察から来ました。彼らは、病気の患者のほとんどが眼鏡をかけていなかったことに気づきました。これは、近視が中国で一般的であるため、注目に値します。彼らは詳細を知るためにCovid-19の患者からの病院の記録を調べました。47日間で入院した276人の患者のうち、1日8時間以上眼鏡をかける必要のある近視または近視の患者はわずか16人(5.8%)でした。

以前の調査によると、この地域の人々の30%以上が近視のために眼鏡を必要としていました。

シュタインマン博士は、眼鏡があなたの目に触れないようにするためのリマインダーとして役立つかもしれないと言います。また、眼鏡が部分的なバリアとして機能し、咳やくしゃみの飛び散りから目を保護している可能性もあります。研究の結果を説明できる眼鏡をかける以外のいくつかの要因があります。眼鏡をかけている人は、眼鏡をかけていない人に比べて、パンデミックの間、年をとって家にいる傾向がある可能性があります。あるいは、中国で眼鏡を買う余裕のある人は、混雑の少ない場所に住む余裕があるので、ウイルスに感染する可能性が低いかもしれません。

COVID-19を防ぐために目の保護具を着用する必要がありますか?

誰もが目の保護具を着用する必要があると言うのは時期尚早ですが、ゴーグルとフェイスシールドは、感染した個人の介護者と最前線の医療従事者、特にICUスタッフと呼吸療法士に貴重な保護を提供すると述べました。残りの私たちにとって、マスクを着用し、頻繁に手洗いをし、社会的距離を置くことは、ウイルスに対する最善の策であり続けます。

コロナウイルスと目の健康に関する詳細については、https ://www.aao.org/eye-health/coronavirusをご覧ください。

12299:目のコロナ対策 眼鏡をかけると感染リスクは5分の1に?【コロナ第2波に打ち勝つ最新知識】

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。