全身病と眼

[No.375] COVID-19患者のヒト網膜における推定SARS-CoV-2ウイルス粒子:論文紹介

2021年7月29日

COVID-19患者のヒト網膜における推定SARS-CoV-2ウイルス粒子

Carlla A. Araujo-Silva、MSc ほか JAMA Ophthalmol 2021; 139(9):1015-1021。doi:10.1001 / jamaophthalmol.2021.2795

所見  この症例シリーズの3個体では、SおよびN COVID-19タンパク質が、毛細血管炎に近い内皮細胞および内顆粒層と外顆粒層の細胞内の免疫蛍光顕微鏡検査によって見られました。これらの細胞の核周辺領域では、おそらくCOVID-19ウイルス粒子を含む、ウイルスと一致する二重膜液胞を透過型電子顕微鏡で観察することができました。

意味  現在の観察結果は、SARS-CoV-2ウイルス粒子がヒト網膜のさまざまな層に到達する可能性があり、この感染症の眼の臨床症状と関連している可能性があることを示しています。

概要

重要性  COVID-19の死亡患者の網膜におけるSARS-CoV-2ウイルスの存在は、その主要なタンパク質を検出するためのリアルタイム逆ポリメラーゼ連鎖反応および免疫学的方法を通じて示唆されています。眼はCOVID-19感染に関連する異常を示しており、網膜の変化は二次的な微小血管および免疫学的変化に関連していると推定されました。

目的  :COVID-19患者の眼に推定SARS-CoV-2ウイルス粒子とその関連タンパク質が存在することを実証すること。

設計、設定、および参加者  COVID-19感染が確認された患者の眼球摘出された眼の網膜は、2020年6月23日から7月2日まで、ブラジルのサンパウロにある病院で蛍光抗体法および透過型電子顕微鏡検査を受けました。書面による同意を得た後患者の家族から、SARS-CoV-2感染が確認された死亡患者で除核が行われました。すべての患者は集中治療室にいて、機械的人工呼吸を受け、COVID-19による重度の肺病変がありました。

主な結果と対策  免疫蛍光および透過型電子顕微鏡処理による推定SARS-CoV-2ウイルス粒子の存在。

結果  COVID-19で死亡した3人の患者を分析した。2人の患者は男性で、1人は女性でした。死亡時の年齢は69歳から78歳の範囲でした。推定されるSおよびNCOVID-19タンパク質は、毛細血管炎に近い内皮細胞および内顆粒層と外顆粒層の細胞内の免疫蛍光顕微鏡検査によって見られました。これらの細胞の核周辺領域では、おそらくCOVID-19ウイルス粒子を含む、ウイルスと一致する二重膜液胞を透過型電子顕微鏡で観察することができました。

結論と関連性  現在の観察結果は、ヒト網膜のさまざまな層にあると推定されるSARS-CoV-2ウイルス粒子を示しており、感染症の眼の臨床症状のいくつかに関与している可能性があることを示唆しています。

  ーーー序章ーーー

SARS-CoV-2は、コロナウイルス科に属するエンベロープポジティブセンスRNAコロナウイルスであり、その細胞侵入は、ホスト細胞の主にSタンパク質アンジオテンシン変換酵素2へ結合に依存します。COVID -19の死亡患者の網膜におけるSARS-CoV-2ウイルス粒子の存在は、その主要なタンパク質を検出するためのリアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(PCR)および免疫学的方法を通じて示唆されています。目はCOVID-19感染の影響を受けます。網膜の変化は、二次的な微小血管および免疫学的変化に起因していました。この研究の目的は、S1およびヌクレオカプシドタンパク質について免疫染色された組織の蛍光顕微鏡検査と薄切片の透過型電子顕微鏡法を使用して、COVID-19で死亡した個人の網膜における推定SARS-CoV-2ウイルス粒子の存在を検出することでした。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。