小児の眼科疾患

[No.477] 視覚における立体視の状態を評価するチトマス立体視テストを紹介します

チトマス立体視テスト

今日は視覚における立体視の状態を評価するチトマス立体視テストを紹介します。

私の共同研究者でもある三島総合病院眼科と東京都健康長寿研究所PET室に勤務している鈴木先生に患者さんを紹介する前に、この立体視も必要に応じてスクリーンしておいてほしいとの要望を受けました。

これを購入しようとしましたら、検査員のIさんが其れならプリズムバーとともに昨年11月の開業時に家でも用意してありますよと、奥の棚から出してきてくれました。このテストは斜視などがあって立体視が弱い小児をスクリーニングするのに用いるものです。

  ―――――――

動画で見ていただくと理解が早いかと思いますので動画をお見せしましょう。

まずハエの羽をつかめるか聞く。平坦でつかめないなら立体視は弱い。

次にどの丸が浮かんでいるか聞く。1から9の二重丸が800から40までの視覚を示す。

正常なら40秒の立体視を持つはず。

最後に子供には動物の絵3組から飛び出しているのを聞く。400から100秒である。

 

もう一つの、最新の動画も紹介しておきましょう

https://youtu.be/gKvkhvAmWjQ

文章でこれを表すならば:

ステレオフライステレオテスト

ステレオフライなどのステレオ奥行き知覚テストは、すべての年齢層の視力をスクリーニングする効果的で使いやすい方法であることが証明されています。それらは、視力の問題を特定し、立体視、弱視、抑制、斜視検査を実施するのに役立ちます。これらはそれぞれ、子供の発達とパフォーマンスを妨げる可能性があります。

ステレオ奥行き知覚テストの標準として認識されているステレオフライを使用すると、グロスステレオビジョンとファインステレオビジョンの両方を簡単に管理および評価できます。このテストは、管理が容易になるように設計されています。ステレオフライテストのすべてのアイテムは高品質の素材で製造されており、鮮明で長持ちする画像を保証します

注:関連する記事:人間の立体視は両眼視差を手掛かりにした両眼立体視だけが行っているわけではありません。大型自動車の運転免許では単眼立体視を極力除外知るために三法が使われています。三桿法は、古くから行われている奥行知覚の検査方法です。実際の検査は、3本の棒を立てて両脇の2本を固定した状態で真ん中の1本を前後に動かします。被験者は、3本の棒が横一列に揃ったと思った時点でボタンを押すか声を出して知らせます。このとき、真ん中の棒と両脇の2本の棒とのズレ幅が2cm以内であれば合格となる奥行知覚の検査方法です

2487 単眼立体視と両眼立体視の有効範囲 だそうです。(今日の”眼”の話題)8月2日

メルマガ登録
 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。