糖尿病網膜症・加齢黄斑変性

[No.525] 「縫製工場にネクタイを毎回電話で注文してくれる客」という記事の紹介です

清澤のコメント:「縫製工場にネクタイを毎回電話で注文してくれる客」という記事の紹介です。要点のみ採録させてください。アイキャッチ画像は片目で見た視野の周辺に見えないところができるというイメージ図です。最近の私の網膜剥離の記事もリンクしておきます。

いつも電話でネクタイを注文する男性 理由を知った日、社長は泣いた

有料会員記事

若松真平2022年4月1日 7時15分

写真・図版
自社ブランド「SHAKUNONE(笏の音)」のネクタイ=笏本達宏さん提供

 2021年3月ごろ、笏本縫製(岡山県津山市)に電話がかかってきた。 「葬式につけていけるネクタイがほしいんですけど」 かけてきたのは関西弁の男性で、黒いネクタイの注文だった。 自社ブランドのネクタイ「SHAKUNONE(笏の音)」に興味を持ってくれたらしい。 送り先や料金を確認して商品を発送すると、しばらくして電話がかかってきた。 「今度は結婚式につけていける白いネクタイを」ーーーー 男性からは、その後も電話がかかってきた。ーーー そんなやりとりの中で、「次にイベントの予定はありますか?」と尋ねられた。 大阪・梅田の百貨店に期間限定で出店する予定があったので、日程を案内した。

◇ 2021年4月、阪急メンズ大阪でネクタイを売っていた笏本さんは、まっすぐこちらに向かってくる男性に気づいた。 「こんにちは、板谷です。電話ではお話ししましたが、初対面ですよね」 そうあいさつされ、電話注文の男性だと気づいた。

 そしてこの時、なぜ電話だったのかの理由がわかり、体が一気に熱くなった。ーーー そう話す男性は、両目の視力をほぼ失っていた。 ネクタイの手触り、つけ心地を気に入って選んでくれていたのだ。

ネクタイを気に入った理由

 阪急メンズ大阪を訪ねてきたのは、大阪府在住の鍼灸(しんきゅう)マッサージ師・板谷満夫さん(51)。 小学4年生の時に、病気で右目の視力を失った。そして2016年12月、左目の網膜剝離(はくり)が判明。 翌年に手術したが回復せず、現在は左目でぼんやり明かりを感じる程度で、ほぼ何も見えない。ーーー

 音声ソフトを活用してネットを閲覧していた時、SHAKUNONEのことを知った。

 もともと下請けだった会社が、自社ブランドを立ち上げて奮闘しているという。 商品のこだわりにも興味を持って、まずは黒いネクタイを注文。何より、最後に結び目を引き上げるときに「キュッ」と音が鳴るところが気に入った。

 笏本さんに会った時は、こう伝えた。 「感覚で信じたものだけを使いたいから選んでます。今日はどうしても作り手さんに会いたくて来ました」

自分たちのできる精いっぱいで

 板谷さんの好みや用途を詳しく聞いて、しゃれたペイズリー柄のネクタイを選んだ。

 購入して帰って行く後ろ姿を見ながら、「今の気持ちを忘れちゃいけない」と思った。

 近くにあった紙とペンを取って、感じたことをメモに残した。ーーー

 「ネット時代に電話なんて、相手の時間を奪う無駄な行為だ」そう言う人もいるが、効率だけでは判断できない。ーー ネクタイづくりも、電話対応も、自分たちのできる精いっぱいでやり続けよう。再び、「自分たちのやってることは間違いじゃなかった」と思える日を迎えるために。(若松真平)

 ーーーーーーーー最近の日刊ゲンダイへの自著記事ですーーー

網膜剥離は加齢で増える 光の点滅が突然見えたら注意:眼科編(7)日刊ゲンダイ自著記事

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。